NEW

JRAワーケア皐月賞回避で「サトノフラッグ×ルメール」! 鞍上決定の水面下であった「争奪戦」とは

【この記事のキーワード】, ,

JRAワーケア皐月賞回避で「サトノフラッグ×ルメール」! 鞍上決定の水面下であった「争奪戦」とはの画像1 サトノフラッグ(牡3、美浦・国枝栄厩舎)はC.ルメール騎手との新コンビで皐月賞(G1)に向かうことが決まった。また、ルメール騎手でディープインパクト記念(G2)を2着したワーケアは、放牧に出された。皐月賞は回避して日本ダービーを目標に調整する見込みだ。

 今年のディープインパクト記念を武豊騎手とのコンビで圧勝したサトノフラッグ。3コーナーでは自分から上がっていき、抜群の手応えで突き抜けた走りには、騎乗した武騎手も「ディープと同じ感じで当時を思い出しました」とコメントしたほどだった。

 ディープインパクトの主戦だった武騎手でディープインパクト記念を勝ったこともあり、コンビ続行が望む声も多かったが、武騎手にはすでにマイラプソディというお手馬の存在があった。

 皐月賞の有力候補となった一方で、「本番で誰が乗るのか」という鞍上の行方が注目を集めていたことも事実である。その水面下では、ちょっとした“争奪戦”があったようだ。

「当初、サトノフラッグ陣営に川田騎手サイドからアプローチがあり、川田騎手も騎乗予定を整理するなど準備を整えていたようですが、ワーケアの皐月賞回避が決定したため、急遽サトノフラッグ陣営はルメール騎手を選択したようですね。

サトノフラッグを管理する国枝厩舎は、アーモンドアイの主戦・ルメール騎手と懇意にしています。そういう事情もあってルメール騎手に依頼したのかもしれません。武騎手は後ろ髪を引かれる思いもあったでしょうが、今回はマイラプソディのオーナーであるキーファーズとの契約を優先したようです」(競馬記者)

 サトノの冠名で知られる里見オーナーとしても、ルメール騎手とのコンビは皐月賞でこれまで15年サトノクラウンで6着、16年サトノダイヤモンドで3着といずれも1番人気に支持されながら敗れている。

 それだけに、今回のサトノフラッグでは何としてでも勝ちたいところ。まずは皐月賞を勝って、オーナーの悲願である日本ダービー制覇に向け、万全を期したい思いは強いだろう。

 昨年のG1で最多となる5勝をあげているルメール騎手を優先した背景にはそういった思いもあったのかもしれない。

JRAワーケア皐月賞回避で「サトノフラッグ×ルメール」! 鞍上決定の水面下であった「争奪戦」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は