NEW

JRA「7馬身差」の衝撃再び!? 3歳ダート「No.2」候補が金曜競馬に出走!

【この記事のキーワード】, ,

JRA「7馬身差」の衝撃再び!? 3歳ダート「No.2」候補が金曜競馬に出走!の画像1

 20日(金)中山4Rダート1800m戦(3歳1勝クラス)に、3歳ダート「No.2」候補のバーナードループ(牡3歳、美浦・高木登厩舎)が出走する。ダート界を牽引することが期待される同馬の3戦目に注目が集まる。

 新馬戦では、早くも3歳ダートNo.1の呼び声高いカフェファラオと対決。レースはカフェファラオが逃げ、バーナードループは5番手からレースを進める展開。スローペースの展開を嫌い、バーナードループは向こう正面から進出を開始。逃げるカフェファラオを捉えに行こうとするも、直線では差が広がる一方。

 結果は、まさかの10馬身差の2着。だが、3着に9馬身差をつけたことを考えると悲観する内容ではない。

 新馬戦の内容が評価され、次走の未勝利戦では単勝オッズ1.1倍の支持を集める。2番手からレースを進め、3コーナーでは早くも先頭に立つ。そのまま直線で後続を突き放して、2着に7馬身差をつける圧勝。この勝ちっぷりは、1勝クラスも通過点に過ぎないのではないかと感じさせられる。

 陣営は「初戦は相手が悪かっただけ。この条件は合うし、クラスが上がっても楽しみ」とコメントしており、期待の高さが伺える。

「新馬戦で敗れた相手のカフェファラオは世代トップの実力馬です。実際に2戦目のヒヤシンスS(L)はスタートで出遅れながらも、楽に勝っています。確かにバーナードループにとって、デビュー戦は相手が悪かったに尽きますね。

 もしカフェファラオがいなければ、この2戦で16馬身差をつけて勝っていることになります。3歳ダート界のトップホースの資質は十分に持っているでしょう。今後、バーナードループとカフェファラオがダート界を席巻するようなことがあれば、『伝説の新馬戦』と言われるのではないでしょうか。」(競馬記者)

 伝説の新馬戦と言えば、ブエナビスタのデビュー戦が思い出される。

 1着のアンライバルドが皐月賞(G1)を制し、2着のリーチザクラウンが重賞2勝、3着のブエナビスタがG1・6勝、4着のスリーロールスが菊花賞(G1)を制している。この4頭の獲得賞金の合計は20億円を超えている。超ハイレベルな新馬戦だ。

 バーナードループとカフェファラオがこのまま活躍しG1を勝利できれば、伝説の新馬戦として語り継がれるだろう。

 まずは金曜にバーナードループが1勝クラスをどのように突破するか注目したい。

JRA「7馬身差」の衝撃再び!? 3歳ダート「No.2」候補が金曜競馬に出走!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?