NEW

JRAレーン短期免許取得に非常事態! サリオス皐月賞(G1)に鞍上問題発生!? あの騎手も急浮上か

【この記事のキーワード】,

JRAレーン短期免許取得に非常事態! サリオス皐月賞(G1)に鞍上問題発生!? あの騎手も急浮上かの画像1 デビューから3連勝となる無敗で昨年の朝日杯FS(G1)を制したサリオス(牡3、美浦・堀宣行厩舎)にとって由々しき問題が発生してしまった。

 18日、オーストラリアのモリソン首相は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて海外渡航を全面的に禁止すると勧告した。海外渡航の危険水準を、全世界を対象に最高水準の「渡航禁止」に引き上げたとし、全国民の出国を禁じた。

 そこで注目されるのは皐月賞に直行するサリオスの鞍上問題である。

 先日、同馬が所属するシルクホースクラブより、短期免許が取得できればという条件でD.レーン騎手を予定していると発表がされていた。

 4月19日に行われる皐月賞まで約1カ月しかない。このまま出国禁止が続くと、レーン騎手が、日本に来られない可能性もゼロとはいえない状況になっている。

 17日にはJ.モレイラ騎手が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、28日にUAEで開催されるドバイワールドカップデーでの騎乗を断念したと報じられた。

 これにより、モレイラ騎手が騎乗を予定していたドバイWC(G1)のマスターフェンサー、シーマクラシック(G1)のグローリーヴェイズ、ターフ(G1)のウインブライト、アルクォーツスプリント(G1)のライトオンキュー、UAEダービー(G2)のセランと、5頭の日本馬への騎乗ができなくなっていた。

 サリオスはここまでの3戦では、デビュー戦をレーン騎手、サウジアラビアRC(G3)を石橋脩騎手、朝日杯FS(G1)をR.ムーア騎手でそれぞれ勝利している。

 となるとレーン騎手がこのまま来日できない場合、石橋騎手に白羽の矢が立つことも考えられそうだ。

 ただ、気になるのは堀厩舎の特徴が、G1レースにおいて外国人騎手の起用が多いことである。場合によっては堀厩舎の馬でG1・3勝の実績を持つM.デムーロ騎手の起用や、皐月賞そのものの回避もあるかもしれない。

 陣営としては当初の予定通り、レーン騎手での出走が望ましいことは確かだが、その動向を見守りたい。

JRAレーン短期免許取得に非常事態! サリオス皐月賞(G1)に鞍上問題発生!? あの騎手も急浮上かのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと