NEW

JRA 「待望の復帰」藤田菜七子、休養期間に更なる成長!? 先輩・松岡正海との「意外」なエピソードも……

【この記事のキーワード】, ,

JRA 「待望の復帰」藤田菜七子、休養期間に更なる成長!? 先輩・松岡正海との「意外」なエピソードも……の画像1

 20日の中山開催から、ケガで休養中だった藤田菜七子騎手が復帰する。

 2月15日の小倉5Rで落馬し、左鎖骨を骨折。5年目にしてキャリア初の長期離脱となった。落馬から4日後の19日に手術し、その後のリハビリは順調に進み、予定通りの復帰が実現する。

 14日に美浦トレセンで調教に跨り、「万全の態勢で週末を迎えられる」と復調をアピールした。18日には追い切りにも騎乗。今週末の3日間開催は、すべて中山で騎乗し計9鞍を予定している。

 藤田騎手は『Gallop』の取材に対して、入院先が落馬負傷で療養中の松岡正海騎手と同じ病院だったことを明かし、「先輩と今までよりも、じっくりお話することができました」と話している。

 藤田騎手と松岡騎手と言えば、意外なエピソードがある。

 2年前に『中山馬主協会』のホームページの連載企画で、お笑い芸人のキャプテン渡辺氏と藤田騎手の対談が行われた。この時、「松岡騎手が女の子ひとりだから孤立しないよう気を使って藤田騎手を色々と誘うも、全部断られるとぼやいている」という話を振られ、藤田騎手は「食事の誘いではなく、『麻雀』や『パチンコ』の誘いなんです」と、おもしろエピソードを明かしている。

 面倒見のいい先輩が入院先にいたことは、藤田騎手にとって心の支えにもなったのではないだろうか。同じくケガで療養中の蛯名騎手は自身のTwitterで、入院中に松岡騎手がカップ麺を差し入れに持ってきたことを投稿している。松岡騎手の人柄が垣間見られる。

 入院中に藤田騎手と松岡騎手は、いったいどんな話をしていたのか気になるところだ。遊び以外にも、競馬に対する心構え、騎乗についてのアドバイスもあったのではないだろうか。

 松岡騎手から様々なことを学び、1カ月の休養期間で藤田騎手は更に成長したに違いないだろう。

 JRA通算100勝達成まであと「3勝」と、区切りの記録を目前に控える藤田騎手。戦線離脱までは7勝を挙げ、関東リーディングで上位につける活躍だった。この調子でいけば、記録達成は復帰してすぐに実現するだろう。

 7日にケガから復帰した三浦皇成騎手は先週の土日で「4勝」の固め打ち。藤田騎手もこれに続いての活躍に期待がかかる。そして2020年はケガの療養期間の経験をプラスにして、飛躍の年になることを願う。

 きっと松岡騎手がターフに戻ってくるときは、一皮むけた藤田騎手が出迎えることだろう。

JRA 「待望の復帰」藤田菜七子、休養期間に更なる成長!? 先輩・松岡正海との「意外」なエピソードも……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声