NEW

JRAワーケア、オーソリティまさかの皐月賞(G1)「回避」。最大目標は日本ダービーも「不安」だらけ……

【この記事のキーワード】, , ,

JRAワーケア、オーソリティまさかの皐月賞(G1)「回避」。最大目標は日本ダービーも「不安」だらけ……の画像1

 クラシック初戦の皐月賞(G1)に衝撃的な展開だ。

 弥生賞(G2)で2着のワーケア(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)、3着のオーソリティ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)がともに、優先出走権を持ちながらも皐月賞(G1)を回避することが明らかになった。

 今後、ワーケアは日本ダービー(G1)を大目標に調整される。皐月賞の回避は、左回りのほうが合っていることが理由。前哨戦を使うか日本ダービー直行するかは未定となっている。またオーソリティは皐月賞を回避して、次走に青葉賞(G2)を予定しており、こちらも日本ダービーが最大目標だろう。

 今年の皐月賞は2歳G1を制したコントレイルとサリオスが中心視されているが、どちらも3歳初戦で本番に挑む。2頭とも世代トップホースに違いないが、ステップレースを使っていないだけに、同世代との力関係の変化が測れていない点が心配されている。

「ワーケア、オーソリティはいずれもホープフルS(G1)、弥生賞(G2)というローテーションで来ています。どちらも中山2000mで、皐月賞を意識したレース選択に思えます。ワーケアは3着→2着、オーソリティは5着→3着と堅実な走りをしています。

 紛れのある中山コースでは展開のあやで、逆転する可能性は大いにあります。一昨年はスプリングS(G2)2着から挑んだ7番人気のエポカドーロが制したように何が起こるかわからないレースです。それだけに弥生賞2、3着馬の回避は残念ですね」(競馬記者)

 たしかに過去10年の皐月賞の結果は、1番人気が3勝、2番人気が1勝と、堅いレースとは言い難い結果になっている。2歳G1を制した2頭が直行のため、何が起こってもおかしくない。

「皐月賞はコントレイル、サリオス、サトノフラッグの『3強』と見られています。ワーケアとオーソリティは、すでに同条件のレースでコントレイルとサトノフラッグに連敗しています。それだけに勝機がないと考えての回避かもしれません。

 しかし、再戦の舞台を日本ダービーと考えるのもいかがなものかと思います。トリッキーな中山コースよりも、直線の長い東京コースのほうが実力通りの決着になりますからね。コントレイルは東スポ杯2歳S(G3)、サリオスはサウジアラビアRC(G3)で東京コースの実績があります。それを考えるとより厳しい勝負になりそうです」(別の記者)

 今回の2頭が回避することで皐月賞の出走枠が空くことは事実。これにより出走できる馬にとっては、これ以上ないチャンスだろう。繰り上げ当選の2頭が結果にどう影響するか本番が楽しみである。

 そしてワーケアとオーソリティには「府中」で借りを返すことに期待したい。

JRAワーケア、オーソリティまさかの皐月賞(G1)「回避」。最大目標は日本ダービーも「不安」だらけ……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は