NEW

JRAスプリングS(G2)三浦皇成「美浦所属の意地」見せたい? クルーガーの全弟サクセッションに要注目!!

【この記事のキーワード】, ,

JRAスプリングS(G2)三浦皇成「美浦所属の意地」見せたい? クルーガーの全弟サクセッションに要注目!!の画像1

 15日(日)時点でのJRAの全国リーディングジョッキー争いを見ると、関西・栗東所属の騎手が上位を独占している。

 上位10名の中で関東・美浦所属は、既に短期免許期間を終えて帰国したO. マーフィー騎手のみである(27勝で4位)。今、美浦にいる騎手では13位に田辺裕信騎手(14勝)の名前がようやく出てくる状況だ。

 考えられる原因はいくつかあるが、本来なら全国リーディングジョッキーで上位10名の中に入っていてもおかしくない美浦所属騎手の中に、怪我で休養中の騎手がいるのもその理由のひとつだろう。昨年は全国5位だった戸崎圭太騎手などはその代表格と言えるかもしれない。

 その戸崎騎手と同様に、昨年は全国6位だった三浦皇成騎手も年明け最初の開催日だった1月5日(日)の中山7Rで落馬負傷し、その後2ヶ月ほど騎乗できない状況に陥ってしまった。昨年は復調の兆しを見せていた三浦騎手にとって、この休養は痛かった。

 三浦騎手は7日(土)の中山競馬で復帰している。復帰した週は1勝のみだったが、先週末は14日(土)に中山で2勝、15日(日)は阪神で2勝を挙げている。阪神では単勝9番人気馬を勝利に導くなど、存在感を見せつけ、ようやくエンジンがかかった感のある三浦騎手に、ビッグチャンスが舞い込んできた。

 15日(日)のスプリングS(G2)で、三浦騎手はサクセッション(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)に騎乗する。これまでの戦績は4戦3勝。メンバー中では唯一の3勝馬で、2016年のマイラーズC(G2)を制し、オーストラリア遠征も経験したクルーガーの全弟にあたる。

 サクセッションは前走のジュニアC(L)で3勝目を挙げているが、手綱を取ったマーフィー騎手は「追い切りで乗った時から(前々走より)進化していると思ったので、強気に乗った」と語っている。馬体重も新馬戦の頃から20キロ以上増えている。今がまさに成長期なのだろう。

 15日(日)までに既に5本の時計を出している。11日(水)の1週前追い切りでは、5F65秒3、ラスト1F12秒4というタイムを馬なりでマーク。この中間の調整も順調と考えていいだろう。

 サクセッションはこれまでの4戦は全てマイル戦だったが、今回は1800mに距離延長となる。課題は距離となりそうだが、これまでの3勝は新馬戦が好位差し、2戦目の中山・アスター賞(1勝クラス)が逃げ切り、そしてジュニアCは馬群の外からマクリ差しと、脚質も自在なだけに、心配は要らないだろう。

 全兄クルーガーも同じ中山・芝1800mで準オープン勝ちを決めている。血統面での裏付けもある。後はようやくエンジンがかかった鞍上・三浦騎手次第と言えるのではないか。『netkeiba.com』の予想単勝オッズは4.1倍で3番人気となっているが、サクセッションと三浦騎手がこの高評価に応えられるか、注目したい。

JRAスプリングS(G2)三浦皇成「美浦所属の意地」見せたい? クルーガーの全弟サクセッションに要注目!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  3. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  6. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、松山弘平がラッキーライラック全弟と挑むデビュー勝ち