NEW

JRA「6億円」アドマイヤビルゴ若葉S(L)完勝!武豊「 クラシックを狙える馬」皐月賞(G1)有力候補浮上も「鞍上」は……

【この記事のキーワード】, , ,

の画像1

 21日、阪神競馬場で行われた若葉S(L)は、1番人気のアドマイヤビルゴ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が完勝。最後は流す余裕を見せて単勝2.6倍に応えると、皐月賞(G1)へ大きく前進した。

 圧巻のレースだった。

 12頭立てで行われた芝2000mのレース。好スタートを切ったアドマイヤビルゴは、ハナを主張したキメラヴェリテを行かせて好位をキープ。キメラヴェリテが大逃げを打つ縦長の展開となったが、最後の直線でアドマイヤビルゴが非凡な瞬発力を見せつけた。

「非常に強い内容でした。キメラヴェリテが大きく逃げる形となって、後続の騎手たちにも焦りがあったと思いますが、武豊騎手の冷静な判断が光りましたね。逃げ馬を可愛がって、後続を封じる巧みな騎乗が光りました。勝ち時計の1:58.6も好タイムですし、これは本番が楽しみになる内容でした」(競馬記者)

 2017年のセレクトセールで、6億2640万円(税込)という超高額で落札されたアドマイヤビルゴ。この勝利により、一躍クラシックの有力候補に躍り出たが“本番”を前にまだ大きな問題が残っているという。

「鞍上をどうするかですね。ここまで手綱を執っている武豊騎手は、昨年の京都2歳S(G3)を勝ったマイラプソディでクラシックへ挑むことが有力視されています。それだけに今後の皐月賞や日本ダービー(G1)では、騎手の乗り替わりが必須。有力馬だけに、鞍上が注目されるところです」(同)

 鞍上の武豊は「強かった。返し馬から前回と違って、全身を使えるようになっていた。道中もいい感じで、反応も良かった。クラシックを狙える馬」と絶賛。

 管理する友道康夫調教師も「当然、ダービーを目指したい馬」と惚れ込む逸材。「ジョッキーの事もあるし、跳びが大きくて府中向きだと思いますが、皐月賞を使うのかも含めてこれから考えます」とのこと。

 クラシック挑戦が現実的になった今、名門厩舎が打つ「次の一手」に注目が集まる。

JRA「6億円」アドマイヤビルゴ若葉S(L)完勝!武豊「 クラシックを狙える馬」皐月賞(G1)有力候補浮上も「鞍上」は……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  7. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  8. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々