NEW

元JRA藤田伸二「それが競馬」蓋をした川田将雅に「グッド」……5頭立てでも「前が壁」になった福永祐一

【この記事のキーワード】, ,

元JRA藤田伸二「それが競馬」蓋をした川田将雅に「グッド」……5頭立てでも「前が壁」になった福永祐一の画像1 3日間開催となった初日の金曜の開催。2月29日から続く無観客競馬のなか、先週に続き、競馬ファンをざわつかせる出来事があった。

 好天に恵まれ、皮肉にも絶好の競馬日和となった阪神競馬場。7Rの4歳上1勝クラスで福永祐一騎手の2番人気サルサレイアが、直線で行き場をなくし、ロクに追えないまま4着に敗れた。

 これに反応したのが元JRAの藤田伸二氏だ。藤田氏は自身の公式Twitterで「5頭と少ない頭数やったが直線で川田のウチを付く祐一…しっかり川田が蓋をしたな」と触れた。

「あれが空いてれば祐一にも勝機があったろう」と振り返るとともに、先日の阪急杯(G3)の降着劇では、「天狗になってるんちゃうか」と苦言を呈した川田将雅騎手に対し、「グッド」と称賛。

前の2頭の間を割りたかった福永騎手をインに閉じ込めた技あり騎乗については「それが競馬や」と自身の見解を述べた。

 レースはエターナルディーバとリーピングリーズンが2頭で先団を形成、離れた3番手に川田騎手のテオレーマがつけ、その後ろに福永騎手のサルサレイア、最後方にマナローラといった隊列となった。

 5頭立てということもあって、スローペースの流れを3、4コーナーにかけて福永騎手が上がろうとしたタイミングで、これに合わせるように外の川田騎手が仕掛けた。そのため、終始内へ追いやられた福永騎手のサルサレイアは前で粘るリーピングリーズンが壁となってしまった。

 最後の直線、内で詰まる福永騎手を尻目に、最後方から大外を回した松山騎手のマナローラが交わして3着に上がり、サルサレイアは4着に敗れた。

「福永騎手は先週の金鯱賞(G2)のギベオンでも同じように前が壁となる残念な騎乗があったばかりです。多頭数のレースで展開のアヤならまだよかったのですが、今回は5頭立てですからね。

しかもまた、馬券外となる4着というのも印象が悪いです。さすがに立て続けとなると、これは福永騎手にも問題があるのではという声が出てもおかしくありません」(競馬記者)

 藤田氏の言うように「それが競馬」である。わかっていても福永騎手の胸中は複雑だったのではないか。

 これに奮起して、春のG1シーズンでは胸のすくような鮮やかな勝利に期待したい。

元JRA藤田伸二「それが競馬」蓋をした川田将雅に「グッド」……5頭立てでも「前が壁」になった福永祐一のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は