NEW

【ドバイワールドC(G1)展望】日本ダート最強布陣で2011年以来の勝利めざす! サウジC上位馬回避で大きなチャンス

 28日、UAEのメイダン競馬場では、ドバイワールドカップデーが開催される。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、無観客で行われることが決まっている。また、JRAはドバイで4競走の発売を予定していたが、馬券発売が実施できない可能性もあるとしている。こちらについては今後も引き続き検討を重ねるようだ。

 新設されたサウジCの1着賞金は約11億円。ドバイワールドC(G1)の約8億円を抜いて世界最高賞金となった。1位の座を明け渡したとはいえ、世界トップクラスの賞金であることに変わりはない。

 目玉となるドバイワールドC(G1)には、日本馬4頭が出走を予定しており、サウジCに続き注目度の高いレースである。

 サウジCの1着マキシマムセキュリティ、2着ミッドナイトビズーは回避が決定している。圧倒的な強さを見せた2頭がいなくなったことで、日本馬にも大きなチャンスとなる。

 最有力と目されているのは3着ベンバトルだろう。これに4着のムーチョグストと5着のタシトゥスが続く。

 他にも前哨戦となるアルマクトゥームチャレンジラウンド3(G1)を楽勝したマッターホルン、サウジCでは10着と崩れたが昨年のドバイワールドCの2着馬グロンコウスキーも侮れない。

【ドバイワールドC(G1)展望】日本ダート最強布陣で2011年以来の勝利めざす!  サウジC上位馬回避で大きなチャンスの画像1 日本からは6着ゴールドドリーム(牡7、栗東・平田修厩舎)、7着クリソベリル(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)がスタンバイ。サウジCのレース前に陣営からは「日本の馬は5着に入れれば……」といった声もあったが、期待以上の走りだったのではないだろうか。

 ゴールドドリームに騎乗したC.ルメール騎手は「米国馬は本当に強い。でも、ドバイには出てこないかも。だからドバイワールドCはもっといい結果が出せると思う」と前向きなコメント。管理する平田師も「ドバイに向けていい経験になった。ほぼ世界最強のそろった中での6着。価値がある」とドバイでの巻き返しを誓った。

【ドバイワールドC(G1)展望】日本ダート最強布陣で2011年以来の勝利めざす!  サウジC上位馬回避で大きなチャンスの画像2 クリソベリルはこれが自身初の敗戦となったが、スタートで後手を踏み、終始外を回らされたのが痛かった。初の海外遠征だったことを考慮すれば、さらなる前進が期待できそうだ。

【ドバイワールドC(G1)展望】日本ダート最強布陣で2011年以来の勝利めざす!  サウジC上位馬回避で大きなチャンスの画像3 これらに加え、川崎記念(G1)を圧勝したチュウワウィザード(牡5、栗東・大久保龍志厩舎)、3歳時に米三冠に挑戦したマスターフェンサー(牡4、栗東・角田晃一厩舎)も出走を予定している。

 現在の日本ダート界オールスターといってもいい豪華布陣となった。

 東日本大震災直後に開催されたドバイワールドCでヴィクトワールピサとトランセンドがワンツーフィニッシュを決め、復興を願う日本に勇気を与えてくれた2011年から9年の月日が流れた。

 再びドバイの地で「君が代」が鳴り響くことに期待したい。

【ドバイワールドC(G1)展望】日本ダート最強布陣で2011年以来の勝利めざす! サウジC上位馬回避で大きなチャンスのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!