NEW

【日経賞(G2)展望】ミッキースワローVSモズベッロ! 春のG1戦線見据え、素質馬が激突!

【この記事のキーワード】

, ,

【日経賞(G2)展望】ミッキースワローVSモズベッロ! 春のG1戦線見据え、素質馬が激突!の画像1

 3月28日(土)、中山競馬場で天皇賞・春(G1、芝3200m)の前哨戦にあたる、日経賞(G2、芝2500m)が開催される。今年は出走予定馬を見渡しても、図抜けた実績を誇る馬はいない。混戦が予想されそうだ。

 中心になりそうなのは、悲願のG1制覇を達成するために負けられないミッキースワロー(牡6歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)だ。

 昨年は七夕賞(G3)で約2年ぶりに重賞勝利。その後も、オールカマー(G2)2着、福島記念(G3)ではトップハンデを背負いながらも3着と、安定感ある走りを見せている。

 今年はアメリカジョッキークラブC(G2)から始動。中団追走から機をうかがうも、先を行くマイネルフロストが故障して突然下がってきた。同馬を交わすため、想定以上に外に出されることになり、このロスが響いて4着。菊沢調教師も「勝負どころでアクシデントがあったのがとても残念」と悔しさをにじませていた。

 前走の結果は度外視してもいいはずだ。主戦の横山典弘騎手とのコンビで、前哨戦をいい形で終え、大一番に挑戦したい。

【日経賞(G2)展望】ミッキースワローVSモズベッロ! 春のG1戦線見据え、素質馬が激突!の画像2

 明け4歳勢ではモズベッロ(牡4歳、栗東・森田直行厩舎)に注目が集まる。

 昨秋に高雄特別(2勝クラス)で古馬を一蹴し、中長距離線で頭角を現す。今年の日経新春杯(G2)では、中団追走から上がり最速タイの脚を使い勝利。2着に2馬身半差つけ、実力を証明した。

 何度も上がり最速を記録するなど、切れ味鋭い末脚が武器。だが、気になるのは出遅れグセ。実に11戦中8度も遅れており、ゲートに難を残しているようだ。この悪癖が勝負を左右することにならなければいいのだが……。

【日経賞(G2)展望】ミッキースワローVSモズベッロ! 春のG1戦線見据え、素質馬が激突!の画像3

 復活が期待されるエタリオウ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)は、岩田康誠騎手と初コンビで挑戦する。

 通算成績は15戦1勝だが、菊花賞(G1)や昨年の日経賞など2着が7回もある。シルバーコレクターなどと不名誉な称号がつけられていたが、その返上とG1初制覇が期待されていた。

 だが期待された天皇賞・春で、後方待機が裏目に出て4着に終わると、その後低迷。定位置とも言われた2着にすら入ることができなくなっていた。

 今年は昨年同様、日経賞から天皇賞・春に向かうローテーションを組んでいる。久しぶりに馬券圏内に入る好走を見せて、春盾に弾みをつけることができるだろうか? 

 サトノクロニクル(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)も怖い存在だ。

【日経賞(G2)展望】ミッキースワローVSモズベッロ! 春のG1戦線見据え、素質馬が激突!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!