NEW

JRAトレセン「馬主立ち入り禁止」に! 通常開催再開の見通しはいかに……

JRAトレセン「馬主立ち入り禁止」に! 通常開催再開の見通しはいかに……の画像1

 22日にさいたまスーパーアリーナで6500人集客した格闘技イベントを開催したことが波紋を呼んでいる。

 政府は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、依然として大規模イベントの自粛要請を継続中。その状況下での強行開催だったため、予防対策を講じているとはいえ非難の声が挙がっている。

 中央競馬でも2月29日から無観客での開催が始まり、約1カ月が経とうとしている。そんな中、JRAに新たな動きがあった。

「美浦と栗東の両トレセンへの立入禁止」だ。西山茂行オーナーが自身のブログで明らかにしている。

 ブログには通達文書の写真も掲載されており、内容を見ると「今後の競馬開催継続の観点」を理由に、「25日から馬主のトレーニング・センターへの入場を制限する」と記載されている。調教師や騎手へはすべて電話連絡のみになっているようだ。

 馬主は競馬関係者でありながら、一般人でもある。そのため、新型コロナウイルスの感染拡大防止という点では、リスクとして捉えられるのは当然だろう。

 世界を見渡せば、イギリス、フランスなどのヨーロッパでは競馬の開催自体が中止になっている。また22日にはドバイワールドカップデーの中止も発表されたばかり。無観客ながらも競馬開催を行っている日本は珍しい国のため、開催されていることに感謝しなければならないのかもしれない。

「もし、関係者の中から新型コロナウイルスの陽性反応が出てしまえば、開催中止は免れません。そのためJRAもできる限りの対策を講じています。

 とはいえ、競走馬を所有するオーナーに対して制限をかけることは容易なことではありません。愛馬のいるトレセンの入場規制ですからね。このリスクを最小限に抑えるための決定から、JRAの競馬開催を継続させるための並々ならぬ熱意が感じられますね」(競馬記者)

 今回の通達内容を見る限り、通常開催の見通しが近づくのではなく、むしろより状況が厳しくなっているとも感じられる。

 無観客競馬に騎手をはじめとした関係者からは観客がいないのは寂しいと声が挙がっており、ファンもまた競馬場に足を運べないことを残念に思っている。通常開催を待ち望んでいるのは皆同じだ。

 開催中止にならず通常開催が再開して、ファンで埋め尽くされたスタンドの前をサラブレッドが駆け抜ける日を楽しみに待ちたい。

JRAトレセン「馬主立ち入り禁止」に! 通常開催再開の見通しはいかに……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  2. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  3. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  4. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  7. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」
  8. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち