NEW

JRAアーモンドアイ「次走安田記念」の可能性濃厚!? 「普通にいけば」国枝師が示唆、その後の宝塚記念の可能性は?

【この記事のキーワード】,

JRAアーモンドアイ「次走安田記念」の可能性濃厚!? 「普通にいけば」国枝師が示唆、その後の宝塚記念の可能性は?の画像1 24日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となったドバイターフ(G1)に出走予定だったアーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄厩舎)の次走が、安田記念(G1)となる可能性が高くなった。

 同馬はドバイターフに向け、現地で順調に調整を進めていたが、22日に急遽ドバイ国際競走の中止が決定。国枝師はドバイへ向けて出発しようとしていた直前の渡航キャンセルだった。

 アーモンドアイは現在もドバイに滞在している。国枝師の説明によると「27日に出国できるのではと聞いているがはっきりしない。出国日も定まっていない」とのこと。帰国して検疫を受け、「普通にいけば、安田記念だろうね」と、昨年に続き安田記念への出走を示唆するコメントを残した。

 そこで気になるのは今後のローテーションだ。昨年の春はドバイターフを勝利した次走、安田記念に出走した。ダノンプレミアムとの初対決にも注目が集まったが、ロジクライの世紀の大斜行の被害に遭い、3着に敗れた。その後、ファン投票1位となった宝塚記念(G1)は回避している。

 今年は予定していたドバイターフを使わなかったことで、仮に安田記念後にもう1戦があるのかにも注目が集まる。

 昨年の宝塚記念回避は、C.ルメール騎手が同じく主戦を任されていたレイデオロが出走するためではないかといった声もささやかれたが、今年はどうだろうか。

「昨年のレイデオロ同様、今年はもう1頭のお手馬であるサートゥルナーリアが、宝塚記念への出走を表明しています。

ルメール騎手は、『僕にとってはアーモンドアイが一番。それ以上に大事なものなんてない』と、公言しているほどアーモンドアイへの思い入れは強いです。
しかし、すでにサートゥルナーリアの出走の見込みが高い以上、アーモンドアイ出走の可能性はかなり低いと思われます」(競馬記者)

 昨年、天皇賞・秋(G1)と有馬記念(G1)の2戦はサートゥルナーリアにC.スミヨン騎手、アーモンドアイにルメール騎手がそれぞれ騎乗して対決が実現した。再び2頭が相見える可能性はあるだろうか。

 アーモンドアイ陣営の今後の動向から目が離せない。

JRAアーモンドアイ「次走安田記念」の可能性濃厚!? 「普通にいけば」国枝師が示唆、その後の宝塚記念の可能性は?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由