NEW

JRA日経賞「引退女王」ソウルスターリング覚醒!?「1回使って良くなった」前走中山記念(G2)「初中山」で復活の3着

【この記事のキーワード】

, ,

JRA日経賞「引退女王」ソウルスターリング覚醒!?「1回使って良くなった」前走中山記念(G2)「初中山」で復活の3着の画像1

 28日(土)に中山競馬場で開催される日経賞(G2)。この1戦で有終の美を飾ることが期待されているのが、ソウルスターリング(牝6歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だ。

 2歳時に阪神JF(G1)を勝ち、翌年はオークス(G1)を制覇したソウルスターリング。ところがその後、重賞を転戦するも、クイーンS(G3)で3着に入った以外はいいところナシ。さらに昨年は故障だったとはいえ、レース本番直前に出走回避ということを2回も繰り返していた。

 今年は中山記念(G2)から始動するも、ソウルスターリングは6番人気。登録馬9頭中5頭がG1馬という豪華なメンバーでの開催となったが、その中で同馬は最も評価が低かったのも頷ける。

 ところがソウルスターリングは2番手で進むと、最後の直線でダノンキングリーとラッキーライラックには交わされたものの、粘って3着と好走。レース後、北村宏司騎手は「リズムを保って追走できました。直線ではそれほど楽な手応えではなかったですが、よく踏ん張ってくれました」と愛馬の健闘を労った。

 こうなると陣営は俄然色気づく。同馬を所有する社台レースホースの規定では、牝馬の現役は6歳の3月までと決められている。そのため、まず金鯱賞(G2)と中山牝馬S(G3)に登録された。さすがにここは出走間隔が短いことを理由に回避されたが、今度は日経賞と高松宮記念(G1)にも登録。藤沢和師はこのW登録を「選択肢を広げるため」だったとしつつ、「オークス馬だし1200mは短い。走るなら現実的なところで日経賞が候補」と話していた。

「美浦の馬なのに、前走の中山記念が中山競馬場初出走。直線が長い東京競馬場や阪神競馬場での経験は豊富だったものの、小回りでトリッキーな中山競馬場への適性は不安視されていました。ところがフタを開けてみれば、馬券圏内の好走。一時は中山記念で引退とも言われていましたが、陣営が現役続行を決めるのも当然ですよ。

 今回は前走に比べると相手関係も見劣りします。前走後は坂路で乗り込まれ、藤沢師も『1回使って、良くなったよ。順調だよ』と明かすなど、調整もうまくいっているようです。ここが正真正銘のラストですし、メイチの仕上げでくるのではないでしょうか。侮ると怖い存在です」(競馬誌ライター)

 ソウルスターリングは現役最後の1戦でどんな走りを見せてくれるのだろうか? 好走に期待したい。

JRA日経賞「引退女王」ソウルスターリング覚醒!?「1回使って良くなった」前走中山記念(G2)「初中山」で復活の3着のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!