NEW

甘デジ「破天荒な最凶スペック」……コスパよく「スリル」を味わえる『北斗の拳』シリーズ!?

【この記事のキーワード】

, , ,

甘デジ「破天荒な最凶スペック」……コスパよく「スリル」を味わえる『北斗の拳』シリーズ!?の画像1

 その女も、凶暴につき。

『P DD北斗の拳~主役はジャギ!!~ユリアVer.』のことである。『ユリアVer.』といっても名前だけで、メインは従来どおりジャギが傍若無人に振る舞い、その破天荒なスペックに甘デジといえど抜かりはない。

 大当りは3段階。設定1が1/108.8、設定3で1/99.9、設定6は1/92.3となっている。連チャンシステムは転落抽選(1/100)タイプで、ヘソ・電チューどちらも突入率が72.5%と高めに設定されているが、電サポの振り分けが存在し、多岐にわたるゲームフロー及びゲーム性を実現しているのである。

 ちなみに、高確率時の大当り確率は設定1=1/29.9、設定3=1/27.5、設定6=1/25.4で、転落抽選確率は全設定共通の1/100.0となっている。

 では、本機のゲーム性を握る電サポ回数の詳細を見てみよう。まずは100回転。高い確率で連チャンにつながるモードなので、比較的安心できるタイプである。ただ、100回転以内に大当りせず、確変状態であったとしても電サポが終了し、潜確となるので注意しよう。

 ただ、電サポ100回終了時点の潜確割合は数%とかなり低いので、よっぽどの確信がある場合を除いてこのタイミングをヤメ時にしてもかまわないだろう。

 一方で、通常大当りでも時短100回のフラグが仕込まれており、表面上はどちらの状態かわからないのだが、甘デジなので時短でも約60~66%は引き戻しが発生するのである。確変で当ったのか時短中の引き戻しなのか、つまらないことを考えると混乱すること間違いなしなので、考えるな! 感じるんだ!

 次は電サポ20回。もっとも辛い展開である。20回転での連チャン期待度は50%前後となるが、それでも半分は連チャンに繋がってくる。しかし、これにも通常大当りのパターンが存在し、時短だった場合の引き戻し率は約16.8~19.5%にまで落ち込む。

 さらに電サポ20回の振り分けは比率が高く、確変電サポ20回転は35.0%、時短電サポ20回転が17.5%と初当り時の半分以上がここを選択されるのである。まあ、文字通り、半分諦めろ。

 ちなみに、確変だった場合は当然、転落するまで高確率状態が継続。つまり、潜伏確変となる。ただ、これもやっかいなところであるが、本機は転落抽選なので、「次回大当りまで打ち続ける」といった対処法が取れない。確変なのかもうすでに落ちたのか、疑心暗鬼になりながらある程度まで打たなければならない地獄が待っているのである。

甘デジ「破天荒な最凶スペック」……コスパよく「スリル」を味わえる『北斗の拳』シリーズ!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事