NEW

JRAグランアレグリアらマイルG1馬「全切り」! 荒れるG1・高松宮記念「強力現場情報」をもとに三連複「6点」で攻略!

JRAグランアレグリアらマイルG1馬「全切り」! 荒れるG1・高松宮記念「強力現場情報」をもとに三連複「6点」で攻略!の画像1

 29日、中京競馬場で高松宮記念(G1)が開催される。同レースは内枠有利な傾向だが、今年は渋った馬場でのレースが予想される。外差しが決まる可能性も捨てきれない、難解な一戦だ。

 今回、「強力現場ネタ」から高松宮記念をハナビ杉崎が攻略する。

 まず「◎」は6番枠を引き当てたダノンスマッシュ(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 これまでに短距離重賞を4勝。メンバーが揃った今回のレースでも、主役の1頭に違いない。

 前哨戦のオーシャンS(G3)は、勝ちパターンに持ち込んだナックビーナスを、力でねじ伏せる強い勝ち方だった。さらに昨年のスプリンターズS(G1)で敗れたタワーオブロンドンを3着に負かし、同じ中山の舞台でリベンジを果たす。ここまでの臨戦過程は申し分ない。

「中間は順調な調整で来ています。なにより、この馬は競馬が上手なので、崩れる心配はありません。不安は最近のレースでゲートの出がよくないことです。ゲートに入ると行儀の悪さを見せることもあるので、そこは鞍上に託します」(厩舎関係者)

 リーディングトップの川田騎手が鞍上を務める。トップジョッキーの手綱さばきにも期待がかかる。昨年の高松宮記念は外枠に泣いただけに、内枠を引いた今年は勝ち負け必至だろう。

JRAグランアレグリアらマイルG1馬「全切り」! 荒れるG1・高松宮記念「強力現場情報」をもとに三連複「6点」で攻略!の画像2

 次に「〇」はクリノガウディー(牡4歳、栗東・藤沢則雄厩舎)だ。

 今回のメンバーに入ると実績では劣るが、陣営からは勝負気配が漂っている。最終追い切りでは、栗東坂路コースで4ハロン50.6秒、ラスト12.1秒で自己ベストを記録。仕上がりは順調そうだ。

 前走の阪急杯(G3)7着から、初の1200m戦でG1の大舞台に挑む。

「前走は前に壁を置けず掛かりっ放しで、最後までもたなかったです。しかし、前走内容から1200mも合いそうです。走法を見る限り、道悪もこなせるはずです。ほかの馬が道悪を苦にするようならチャンスがありそうですね」(厩舎スタッフ)

 1勝馬の伏兵がG1で波乱を起こすかもしれない。

JRAグランアレグリアらマイルG1馬「全切り」! 荒れるG1・高松宮記念「強力現場情報」をもとに三連複「6点」で攻略!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?