NEW

JRAヒューイットソン「絶好調」なのに「初G1」はお預け……。高松宮記念(G1)でドバイの「余波」が南アフリカの「天才」を直撃!?

JRAヒューイットソン「絶好調」なのに「初G1」はお預け……。高松宮記念(G1)でドバイの「余波」が南アフリカの「天才」を直撃!?の画像1

 29日に開催される高松宮記念(G1)は、JRA史上初の無観客で行われるG1競走になる。同じ週に開催予定だったドバイワールドカップデーが、新型コロナウイルスの影響で中止になったことを考えると、無観客でも開催されることはありがたい限りだ。

 だが、このドバイの開催中止は意外な形で、日本競馬に影響を与えている。

 ドバイでの騎乗を予定していたJRA所属ジョッキーは7名。先にドバイ入りしていたC.ルメール騎手、古川吉洋騎手は中止発表を受け、帰国するも14日間の自宅待機要請とされた。福永祐一騎手は前もって遠征の取りやめを決定。川田将雅騎手、武豊騎手、M.デムーロ騎手、横山和生騎手の4名は渡航前の中止発表で、日本にとどまることができた。

 ドバイに前乗りしていた両名はPCR検査で陰性反応も、残念ながら実質2週間の騎乗停止になってしまった。その一方、渡航を取りやめた5人のジョッキーは、急遽今週末の開催での騎乗が決定した。

 これにより、南アフリカから短期免許で来日中のL.ヒューイットソン騎手が、割を食うことに……。

 当初、ヒューイットソン騎手は高松宮記念で有力馬のタワーオブロンドン(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)に騎乗予定だった。しかし、ドバイ遠征取りやめの福永騎手に乗り替わりとなってしまう。

 22日のスプリングS(G2)で、6番人気の伏兵ガロアクリークを見事勝利に導き、JRA初重賞勝利を挙げたヒューイットソン騎手。その勢いと有力馬で挑む初G1は、大きな期待がかかっていただけに騎乗できないのは残念だ。

 3週間の騎乗で8勝し、日本競馬への適応を見せるヒューイットソン騎手の来日には、世界の名手O.マーフィー騎手が影響している。昨年12月の香港国際競走の時にマーフィー騎手と通訳の安藤裕氏と話したことが、来日のきっかけだと『netkeiba.com』のコラムで語っている。

 同コラム内で安藤氏は、「チャンスがあれば、ヒューイットソン騎手は日本で成功出来る」とマーフィー騎手が話していたことを明かしている。そして「日本をきっかけに、世界で活躍するジョッキーになって欲しいです。いつかライルとオイシンが、世界の舞台で戦うところが見たいですね」と期待を膨らませている。

 イギリスでリーディングを獲得し、日本でもジャパンC(G1)を勝っているマーフィー騎手のお墨付きだけに、日本のG1でも活躍する姿が早く見たいものだ。

 惜しくも高松宮記念の騎乗はなくなったが、28日の毎日杯(G3)では1番人気が予想されるアルジャンナに騎乗する。さらに翌週の大阪杯(G1)では、ダービー馬マカヒキの騎乗が決まっている。

 高松宮記念でG1デビューできなかった借りは、ぜひ阪神競馬場で返してもらいたいところだ。そして、いつかヒューイットソン騎手とマーフィー騎手が、G1の舞台で競演する日を楽しみにしたい。

JRAヒューイットソン「絶好調」なのに「初G1」はお預け……。高松宮記念(G1)でドバイの「余波」が南アフリカの「天才」を直撃!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  3. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  4. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  5. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  8. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  9. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光
  10. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」