NEW

JRA「驚愕」斤量64kgが20年ぶり勝利! 馬体重448kgのノワールギャルソンが、まさかの7馬身差圧勝

【この記事のキーワード】, ,

JRA「驚愕」斤量64kgが20年ぶり勝利! 馬体重448kgのノワールギャルソンが、まさかの7馬身差圧勝の画像1

 28日、中京競馬場で行われた障害オープンは、ノワールギャルソン(牡8歳、美浦・田村康仁厩舎)が優勝。8番人気の伏兵ながら、最後は2着に7馬身差をつける強い内容だった。

 すでに障害オープンを2勝している実績馬。だが、ノワールギャルソンが14頭中8番人気に甘んじたのは、明確な理由があった。背負わされた斤量はメンバー最高の64kgであり、さらにいえば64kg以上を背負った馬は、ここ20年間勝っていなかったからだ。

 言い換えれば、今回のノワールギャルソンの勝利はある意味、記録的な快挙となった。

「いやあ、強かったですね。実績は認めながらも、斤量的に『さすがに苦しいだろう』と思っていたんですが。いつも先団にとりつく馬をあえて控えさせた、鞍上の江田勇亮騎手の好判断が光りました。

斤量64kgの勝利は2000年9月のロードアトラス以来、約20年ぶり。障害レースに詳しいファンなら『64kg以上は文句なしの切り』なんですが……お見事でした」(競馬記者)

 2000年9月にロードアトラスが障害オープンを勝利して以来、斤量64kg以上を背負った馬は13連敗……。もともと重い斤量が課される障害レースでさえ、出走は稀だ。実際に今回のノワールギャルソンが約3年ぶりの出走だった。

「この日のノワールギャルソンは馬体重448kgでの出走。決して、馬格に恵まれた馬ではありませんし、7馬身差の圧勝は驚きです。20年前のロードアトラスは、2着馬とハナ差という接戦の中での勝利。京都ハイジャンプS(G2)を勝った強豪でしたし、ノワールギャルソンも今後、障害重賞を賑わす存在になるかもしれませんね」(別の記者)

 ちなみに2000年のロードアトラス以降、斤量64kg以上を背負った馬は13回出走したが、勝利どころか2度の競争中止がある。これだけを見ても、如何に過酷な斤量であるのかが窺える。

 また、JRAでの過去最高斤量の勝利は1932年の77kg(フラミンゴー)と記録されている。近代競馬では考えられない負担重量だった。

JRA「驚愕」斤量64kgが20年ぶり勝利! 馬体重448kgのノワールギャルソンが、まさかの7馬身差圧勝のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  5. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  8. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?