NEW

JRA高松宮記念(G1)馬体重が重要ファクター、「2つの条件」からダノンスマッシュ&ダイアトニックはアタマなし! 当日発表前でも断言できるその理由とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA高松宮記念(G1)馬体重が重要ファクター、「2つの条件」からダノンスマッシュ&ダイアトニックはアタマなし! 当日発表前でも断言できるその理由とはの画像1

 競馬の予想には血統や調教など様々なファクターが存在するが、レースの約1時間前に発表される「馬体重」も参考にしたい重要なファクターの一つだ。

 29日(日)に行われる高松宮記念(G1)では、馬体重にまつわる2つの傾向があることを知っているだろうか。結論から言うと、当日の馬体重「480kg未満」と、前走からの馬体重「増加組」はこのレースで苦戦傾向にある。

 まず当日の馬体重だが、過去10年の勝ち馬は全て480kg以上の大型馬。競馬界では「スプリント戦は馬格が重要」という格言が存在するが、高松宮記念はそれが見事に当てはまっている。

【高松宮記念、馬体重別着度数(過去10年)】
▼480kg以上「10-9-7-97」
▼480kg未満「0-1-3-50」

 今週木曜日にJRAが発表した「調教後の馬体重」では、上位人気が予想される2頭がボーダーラインのちょうど480kgと発表されている。

 その2頭とはダノンスマッシュダイアトニック。ともにG1初制覇を狙う安田隆行厩舎の5歳牡馬だ。ダノンスマッシュは、前走のオーシャンS(G3)に自己最高の478kgで出走し快勝。今回がプラス2kg以上なら好走条件の480kgをクリアする。

 一方のダイアトニックは前々走の484kgから前走の阪急杯(G3)は470kgと14kgも馬体重を減らしていた。今回プラス10kg以上なら好走条件を満たすことになる。木曜日時点では2頭とも480kgちょうどなので、レースまでにこれを維持できるかがポイントになる。

 次に2つ目の傾向を思い出してほしい。馬体重増加組の苦戦だ。高松宮記念がG1に昇格した1996年以降、前走からプラス体重で優勝した馬は2007年のスズカフェニックスただ1頭。それ以外の優勝馬23頭はマイナス体重もしくは増減なしでレースに臨んでいた。

【高松宮記念、馬体重増減別着度数、1996年以降】
▼今回増「1-9-10-113」
▼同体重「6-1-3-51」
▼今回減「17-13-11-181」

 もうお気づきだろうか。2つの傾向をダノンスマッシュとダイアトニックに当てはめると、2頭は絶対に2つの好走条件を満たせないのだ。

 1つ目の好走条件(480kg以上で出走)を満たすためには、前走からプラス体重で臨まなければいけない。しかし、そうなると前走からマイナス体重もしくは増減なしという2つ目の条件を満たすことができなくなる。

「馬体重」というファクターで予想を組み立てれば、当日の馬体重発表を待つことなく、「ダノンスマッシュとダイアトニックのアタマ(1着)はなし!」と断言できてしまうのだ。2頭はデータを裏切るような激走を見せることはできるだろうか。

JRA高松宮記念(G1)馬体重が重要ファクター、「2つの条件」からダノンスマッシュ&ダイアトニックはアタマなし! 当日発表前でも断言できるその理由とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  4. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  5. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち
  6. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  7. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  8. JRAオークスでファンを悩ませる川田将雅とアートハウス、ルメールとスターズオンアースの乗り替わり。そして盲点となる意外な穴馬!
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」