NEW

JRA武豊「どこまで強くなるか楽しみ」毎日杯(G3)サトノインプレッサがアルジャンナ一蹴で無傷の3連勝! 気になる次走は…

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊「どこまで強くなるか楽しみ」毎日杯(G3)サトノインプレッサがアルジャンナ一蹴で無傷の3連勝! 気になる次走は…の画像1 28日、土曜阪神のメインレースは毎日杯(G3)が行われ、武豊騎手騎乗の2番人気サトノインプレッサ(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)がデビューから3連勝で初重賞勝ちを決めた。

「素質はかなり秘めていますね。どこまで強くなるか楽しみです」

 マイラプソディとのコンビで皐月賞へ向かうことが決定している武豊騎手にとっては、続々と現れる新パートナー候補の出現に悩める春となった。

 2着アルジャンナとの着差は3/4馬身とはいえ、それ以上の強さが目立つ圧勝劇だったといえよう。

 レースでは、ゲート入り前からうるさい仕草を見せ、スタートは前走こぶし賞同様に行き脚がつかず最後方まで下がった。

 ただ、鞍上の武豊騎手は馬のリズムを重視して無理に追いかけない。3コーナーを過ぎても後方のまま。直線入り口から満を持して追い上げると、名手の選んだ進路は外ではなく内だった。

 絶好の手応えで伸びかけたところで、外から寄って来たアルジャンナと内のダノンアレーに前を塞がれる格好となった。だが、武豊騎手は冷静に追い出しを待つと、ダノンアレーが内に寄った瞬間を見逃さなかった。

 2頭の間を一瞬で突き抜けると、必死に追いすがるアルジャンナを尻目に悠々とゴール板を駆け抜けた。その粗削りなレースぶりもサトノインプレッサの強さをより引き立たせたに過ぎない。

 レース後のコメントで「責任を果たせてよかったです。ゲートの中で暴れて出遅れましたが、前半は折り合い重視で運びました。前があいてからは一瞬でしたね。素質はかなり秘めていますね。どこまで強くなるか楽しみです」と、武豊騎手が最大の賛辞を送ったのも納得である。

 ドバイ国際競走の中止で今週の国内での騎乗が可能となったため、武豊騎手とサトノインプレッサのコンビ実現となった。また、厩舎の期待に一発回答で結果を出した名手の手綱捌きも冴え渡った。

 毎日杯はブラストワンピースやインディチャンプ、キズナなどのG1馬を輩出している”出世レース”でもある。今回の勝利で春のG1出走への道も拓けただろう。

 管理する矢作芳人調教師は「今後は馬の様子をみてからオーナーと相談して決めたいと思います」と、次走の明言は避けた。

とはいえ、毎日杯の内容であれば、皐月賞(G1)、NHKマイル(G1)も視野に入ってくることは間違いないだろう。

 「遅れてきた大物」の次走に大いに注目したい。

JRA武豊「どこまで強くなるか楽しみ」毎日杯(G3)サトノインプレッサがアルジャンナ一蹴で無傷の3連勝! 気になる次走は…のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?