NEW

JRA「騎乗停止」横山典弘ミッキースワロー日経賞(G2)快勝も……池添謙一モズベッロ「勝った馬に寄られて」で桜花賞(G1)週アウト

【この記事のキーワード】, , , ,

JRA「騎乗停止」横山典弘ミッキースワロー日経賞(G2)快勝も一転……池添謙一モズベッロ「勝ち切れた」で桜花賞(G1)週アウトの画像1

 28日に中山競馬場で行われた日経賞(G2)は、1番人気のミッキースワロー(牡6歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)が優勝。セントライト記念(G2)、七夕賞(G3)に続く、重賞3勝目を上げ、春のG1戦線へ弾みをつけた。

「よかったです。いつも通りの競馬でした」

 勝利騎手インタビューに応じた主戦の横山典弘騎手も手応え。「力通りでした」と改めて相棒の能力を称賛し、「順調に行ってほしいです」と待望のG1制覇へ意欲を示している。

 しかし、この勝利に納得いかなかったのが、2着に敗れたモズベッロの鞍上・池添謙一騎手だ。

「勝った馬に寄られて……真っすぐなら勝ち切れていた」

 最後の直線、大外から脚を伸ばす横山典騎手のミッキースワロー。それを外からマークするように食らいついた池添騎手とモズベッロ。どちらも抜群の手応えが残っており1、2番人気による一騎打ちになるかと思われた。

 だが、その直後にミッキースワローが外へ外へと蛇行……結果的にモズベッロの進路をふさぐ格好となり、モズベッロは不完全燃焼のままゴール。着差こそ1馬身1/4と接戦ではなかったが「不利がなければ……」と思えたレースだけに、池添騎手が不満を漏らすのも当然か。

「モズベッロ陣営にとっては納得いかない結果でしょうね。見た目はそこまで悪質なものではなかったですが、最後の直線でミッキースワローがほぼずっと斜行し続けてため、池添騎手はほとんど満足に追うことができませんでした。見た目以上に厳しいレースだったと思います。

レース後、SNSなどでもモズベッロを応援していたファンを中心に『降着にすべき』という声がありましたが、あれだけ大きな着差(1馬身1/4)になると『不利がなければ着順が替わっていたか』判断するのは極めて難しい……現行の降着ルールの欠点が、改めて浮き彫りになったレースでした」(競馬記者)

 レース後、JRAの公式ホームページでは「最後の直線コースで、14番ミッキースワローが外側に斜行したため、10番モズベッロの進路が狭くなりました」とし、横山典騎手には4月11日、12日の騎乗停止処分が下っている。

 勝利騎手インタビューで「1頭になるとフラフラする」とミッキースワローの課題を語っていた横山典騎手。だが「この間(前走のAJCC(G2))は勝負どころで不利を受けて、故障した馬のあおりを食った」と振り返っていたものの、今度は被害者から一転、加害者になってしまった。

「ただ、力のあるところを見せてくれたし、もっと良くなる」

 最後はそうモズベッロを労い、前を向いた池添騎手。2着とはいえ賞金の加算には成功しただけに、ミッキースワローとの“決着”は春のG1が舞台になるかもしれない。

JRA「騎乗停止」横山典弘ミッキースワロー日経賞(G2)快勝も……池添謙一モズベッロ「勝った馬に寄られて」で桜花賞(G1)週アウトのページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?