NEW

JRA高松宮記念(G1)グランアレグリア「G1代打職人」池添謙一なら心配無用!? 陣営がスプリント戦対応に自信を見せた理由とは……

【この記事のキーワード】, ,

JRA高松宮記念(G1)グランアレグリア「G1代打職人」池添謙一なら心配無用!? 陣営がスプリント戦対応に自信を見せた理由とは……の画像1

 29日、日曜中京メインは、春のスプリント王決定戦となる高松宮記念(G1)が開催される。

 今年の高松宮記念で特徴的なのは乗り替りの多さだろう。上位人気が予想されるタワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、グランアレグリアの乗り替りが目立ったが、なかでも池添謙一騎手が騎乗するグランアレグリアに注目したい。

 同騎手は大舞台で、より腕が冴え渡る騎手としても有名だ。昨年のマイルCS(G1)では騎乗停止となった福永祐一騎手の替わりに代打騎乗を任されたインディチャンプを見事な手綱捌きで勝利へと導いた。

 また、池添騎手のJRA・G1勝利はデビュー以来、25勝を数える。うち5勝が前走の騎手から乗り替わっての勝利である。

 自身初のG1勝利となった2002年桜花賞のアローキャリーはO.ペリエ騎手からの乗り替り、17年桜花賞のレーヌミノルは浜中俊騎手、そして昨年マイルCSのインディチャンプは福永祐一騎手から乗り替りでの勝利だった。

 これは池添騎手が、G1レース特有の重圧に負けないだけの精神力の持ち主である証明でもあるだろう。今回、グランアレグリアはC.ルメール騎手からの代打騎乗となるが、陣営は心配していない。むしろ「どの馬も同じ条件だし、謙一は大舞台で乗り慣れた騎手だから」と勝負強い鞍上の手腕を評価しての騎乗依頼だった。

 グランアレグリアは、1番人気に支持されたNHKマイルC(G1)を5着(4位入線から降着)に敗れた。だが、暮れの阪神C(G2)ではそれまでの先行策から一転して後方待機。直線8番手から上がり33秒5で突き抜けると、2着フィアーノロマーノに5馬身差をつける大楽勝を決めた。

 阪神Cの勝ち時計は1分19秒4だった。これは同じ阪神・芝1400m戦である阪急杯(G3)の勝ち時計1分20秒3を大きく上回っている。阪神Cで完敗したフィアーノロマーノが、阪急杯では接戦したこともグランアレグリアの強さの裏付けとなるだろう。

 陣営も「高松宮記念の前に1400mを使っているのが一番いい」と、スプリント戦対応にも自信を見せた。

 ディープインパクトは多くのG1馬を出したが、スプリントのG1は未勝利だ。これまで高松宮記念では、ミッキーアイルが15年に3着、16年に2着。スプリンターズSでは15年に4着、16年に2着と敗れている。

 とはいえ、上位人気に支持されるほどの馬が、他に出走していなかったのも確かだ。グランアレグリアはミッキーアイル以上の可能性もある。高松宮記念を勝って、亡き父ディープインパクトに、初のスプリントG1タイトルをプレゼントしたい。

JRA高松宮記念(G1)グランアレグリア「G1代打職人」池添謙一なら心配無用!? 陣営がスプリント戦対応に自信を見せた理由とは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  4. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  5. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち
  6. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  7. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  8. JRAオークスでファンを悩ませる川田将雅とアートハウス、ルメールとスターズオンアースの乗り替わり。そして盲点となる意外な穴馬!
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」