NEW

JRA有馬記念(G1)「上位陣壊滅」の危機!? アーモンドアイ、ワールドプレミアらにアクシデント続々……唯一順調なのは「アノ馬」だけ?

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA有馬記念(G1)「上位陣壊滅」の危機!? アーモンドアイ、ワールドプレミアらにアクシデント続々……唯一順調なのは「アノ馬」だけ?の画像1

 今週、昨年の天皇賞・春(G1)を制したフィエールマン(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)が、連覇を目指して同レースから始動することがわかった。なお、鞍上は主戦のC.ルメール騎手が務める。

 世間が、そして日本競馬が新型コロナウイルス拡大の脅威にさらされる中、ここまで特に動きがなかった「遅れてきた大物」が、昨年の有馬記念(G1)上位組で“唯一”順調な姿を見せようとしている。

 昨年の競馬の総決算となった有馬記念。年末のグランプリらしくG1馬10頭の超豪華メンバーが集ったが、激闘を戦った馬たちの「現在」は決して順調とは言えなさそうだ。

 勝ったリスグラシューを始め、6着シュヴァルグラン、7着レイデオロはすでに引退。2着サートゥルナーリアは始動戦の金鯱賞(G2)を快勝したものの、大本命確実だった大阪杯(G1)を回避。さらに3着ワールドプレミアも体調が整わず春全休の可能性が高い。5着キセキ、8着ヴェロックスは始動戦で1番人気に推されるも信じられないような惨敗を喫している。

 また9着とキャリア初の惨敗を喫したアーモンドアイも、巻き返しが期待されていたドバイターフ(G1)が新型コロナウイルスの影響で中止になったため、帰国を余儀なくされるというアクシデント……。

 昨年の有馬記念が非常にハイレベルなレースだったことは誰もが認めるところだが、激闘を戦った有力馬たちが尽く“不幸”に巻き込まれている。

 その上で、1ケタ着順組で唯一順調なのが4着だったフィエールマンというわけだ。

「引退したリスグラシューらはともかく、昨年の有馬記念で上位を賑わせた馬、つまりは今年の競馬の主役になるべき有力馬たちが、最近はとにかく順調に行っていない印象です。

もちろんハイレベルなレースだった有馬記念の“ダメージ”という見方もありますが、ドバイ中止騒動に巻き込まれたアーモンドアイらを見ていると、昨年の有馬記念自体が“呪い”のようなレースだったのかもという気も……。せめて4着だったフィエールマンだけでも、なんとか順調に行ってほしいですね」(競馬記者)

 有馬記念上位の現役馬に次々と“ケチ”が付いている中、フィエールマンは至って順調だという。天皇賞・春には約5か月ぶりの出走となるが、もともと間隔をあけて結果を残している馬だけに、大きな問題はなさそうだ。

 また、昨年の天皇賞・春でフィエールマンとクビ差の接戦を演じたグローリーヴェイズが、予定されていたドバイシーマクラシック(G1)が中止になったことを受け、今年の天皇賞・春の出走が難しい状況。

 昨年はこの2頭が3着以下を6馬身以上突き放していたこともあり、フィエールマンは大本命として今年の天皇賞・春を迎えることになりそうだ。

 仮に連覇が達成されればメジロマックイーン、テイエムオペラオー、フェノーメノ、キタサンブラックに続く史上5頭目の快挙。来週には美浦へ帰厩し、管理する手塚貴久調教師も「ふっくらして、馬はすごくいい状態」と手応えを感じているようだ。今年の競馬を彩る“看板”として、まずは順調にレースを迎えてほしい。

JRA有馬記念(G1)「上位陣壊滅」の危機!? アーモンドアイ、ワールドプレミアらにアクシデント続々……唯一順調なのは「アノ馬」だけ?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!