NEW

甘デジ「迫力は最高峰」……「連チャン」を積み重ねられるかが「攻略のカギ」!!

【この記事のキーワード】

, ,

甘デジ「迫力は最高峰」……「連チャン」を積み重ねられるかが「攻略のカギ」!!の画像1

 甘デジを町男目線による「やれるのか、やれないのか」メインで審査するこの企画。今回の審査機種はSANKYOの『PAフィーバー機動戦士ガンダム逆襲のシャア Light ver.』だ。

 スペックやゲーム性はライトミドル版を完全踏襲。まずは1/99.9の大当りを目指すが、通常時の激アツ演出は軒並み兄機より信頼度がスケールアップしているので、発生すれば大チャンスとなる。アツい演出がきちんと当ってくれるイメージなので、兄機以上に演出を楽しめるのである。

 また、通常時はもちろん、右打ち中においてもクェスが活躍する新規演出が追加されている。劇中では時代と自らの感情の波に翻弄された彼女だが、本機においては大当りへの道標となる幸運の女神となるのである。

 初当りは100%3R大当りとなり、電サポ1回の時短と残保留4回転で構成されたチャンスゾーンにてRUSH突入に挑戦。

 時短「逆襲RUSH獲得チャレンジ」も「クライマックスアタック」も兄機と同じ演出が展開し、残保留での抽選となる後者で大当りすれば次回継続濃厚の「PREMIUM逆襲RUSH」に突入する。

 ちなみに、逆襲RUSH獲得チャレンジの突破率は約13.0%、クライマックスアタックの突破率は約42.6%、トータルでRUSH獲得期待度は約50%である。

 連チャンモードとなる「逆襲RUSH」は、時短5回転+残保留4回転で約71.4%の継続率。次回大当り濃厚の「PREMIUM逆襲RUSH」と合わせるとトータルでのRUSHループ率は約77.5%となり、兄機より若干連チャン力が低下しているが、PREMIUM逆襲RUSHを勘案すれば、甘デジタイプの中でも迫力十分な仕様といえるだろう。

 しかし、大当りのメイン(約6割)は約280発の4R。甘デジとしては破格の10Rが2割を超える振り分けも、出玉は約700発と特に秀でた出玉感というわけでもない。

 そうなると、やはりどれだけ連チャンを積み重ねられるかが本機攻略のカギとなる。いかに1/7.7を9回の抽選で当てられるかにかかっている。

 そして、そのうちのどれだけPREMIUM逆襲RUSHとなる残保留で引っ掛けられるかがポイントとなるわけである。

甘デジ「迫力は最高峰」……「連チャン」を積み重ねられるかが「攻略のカギ」!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事