NEW

パチスロ新台『新鬼武者』ハイエナ情報!「直撃示唆」は打てるのか……実戦!!

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ新台『新鬼武者』ハイエナ情報!「直撃示唆」は打てるのか……実戦!!の画像1

エンターライズHPより

 今春、大注目の中で導入された『新鬼武者~DAWN OF DREAMS~』。賛否両論あるものの、ホールの稼働は悪くないようだ。

 様々な情報が飛び交う中で「ゾーン狙いが出来る」「天井狙いは微妙」などハイエナ情報も存在する。

 本機のゾーンは「100G付近」「400G手前」に期待度約25〜30%のゾーンがある。天井狙いは約500G以上を狙わなければ、大きな「期待値」が見込めないため、「ゾーン狙い」がオススメだ。狙うならば「50G〜」「330G〜」。ゾーンでの前兆否定までを推奨する。

 もう1つ「ハイエナ情報」として出回っているものがある。それは「次回ボーナスの示唆演出」だ。

 CZ「醍醐の花見」後のアイキャッチが「暗転」以外ならば「幻魔闘ボーナス(赤7)直撃」の可能性が高いという話である。それは、例えば「蒼鬼の眼が光る」や「一枚絵」だ。多くの場合、初当りは「鬼の試練」を経由して「幻魔闘ボーナス」を目指すため、直撃すれば関門が1つ減ることになる。

 ゾーン狙いをした場合は「醍醐の花見」を失敗してヤメ、というパターンが多くなる。この時に示唆を見ることになるのだが、「直撃示唆」があった場合は「続行」か、「ヤメ」か非常に迷うところである。

 今回は上記パターンを「続行」してきたので、その結果をお伝えしていきたい。

パチスロ新台『新鬼武者』ハイエナ情報!「直撃示唆」は打てるのか……実戦!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事