NEW

JRAモズスーパーフレア高松宮記念(G1)優勝で俄然注目の米国種牡馬Speightstown。実はサウジダービーC武豊フルフラットも

JRAモズスーパーフレア高松宮記念(G1)優勝で俄然注目される米国種牡馬Speightstown。実はサウジダービーC武豊フルフラットもの画像1

 29日、史上初の無観客G1開催となった春のスプリント王決定戦・高松宮記念(G1)が、中京競馬場で行われた。9番人気で逃げ粘ったモズスーパーフレアが2位入線も、1位入線の15番人気クリノガウディーが進路妨害で4着に降着。繰り上がりで優勝。モズスーパーフレア、松若風馬騎手ともにこれがG1初制覇となった。

 オーナーの北側雅司代表は、レースを自宅でテレビ観戦していたという。フェブラリーS(G1)のモズアスコットに続いて連勝でのG1優勝を飾った。

「感動したね。繰り上がりは複雑だけど頑張ってくれた。人気はなかったけど、うまく逃げ切ってくれました。松若君も音無厩舎も頑張ってくれた」と愛馬の健闘を称えるとともに関係者に感謝した。

 ここで注目したいのはモズスーパーフレアの父Speightstownである。

 生涯成績は16戦10勝。6歳のときに米ブリーダーズCスプリント(G1)を勝った晩成タイプ。産駒は北米のダート短距離を中心に活躍しているが、シークアゲインやロードシャナキルのように芝のG1馬も出している。

 日本での活躍馬は16年の全日本2歳優駿指定(G1)を制し、17年のNHKマイルC(G1)で2着に入ったリエノテソーロ、18年プロキオンS(G3)を勝ったマテラスカイ、11年クラスターC(G3)勝ちのドスライスがいる。また、今年のサンバサウジダービーCを優勝したフルフラットもSpeightstownの産駒だ。

 産駒は1200-1400mの距離を中心に勝利、芝ダートを問わず勝利をあげているのは大きな特徴である。2017年から20年3月29日現在の勝率でも芝で【11.6.5.40/62】の勝率17.7%、ダートで【15.17.7.51/90】の勝率16.7%と遜色ない。

 モズスーパーフレアは5歳にして芝1200mのG1を制覇したように成長力もあった。これは晩成型だった父の血の影響も背景にあったのではないか。また、フルフラットが3歳でダート1600mのサウジダービーCを制したように、早い時期から活躍を見せる馬もいる。有り余るスピード武器にマテラスカイはプロキオンSを逃げて圧勝した。

 Speightstown産駒は全体的にスピードで押し切るタイプの馬が多いため、ともすれば1本調子になりやすいという側面もある。その一方で、持ち味であるスピードは特筆すべき大きな武器だろう。

 これからも短距離戦に出走する際は、芝ダート関係なく狙ってみるだけの妙味があるといえそうだ。

JRAモズスーパーフレア高松宮記念(G1)優勝で俄然注目の米国種牡馬Speightstown。実はサウジダービーC武豊フルフラットものページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  3. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  4. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  5. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  7. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  8. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  9. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  10. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇