NEW

JRAライバルはD.レーンよりも「同期」!? NZ武者修行の若手が緊急帰国で、旋風巻き起こすか

【この記事のキーワード】

, , ,

JRAライバルはD.レーンよりも「同期」!? NZ武者修行の若手が緊急帰国で、旋風巻き起こすかの画像1

 31日、ニュージーランドで武者修行中の小崎綾也騎手が帰国した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ニュージーランドでは24日から4週間の競馬開催中止が発表されている。

 帰国した小崎騎手は『日刊スポーツ』の取材に、「ニュージーランドの競走馬は放牧に出ているため、調教を積む必要があります。4週間後に競馬開催が可能になっても、いつ再開されるか、はっきりと分かりません。24日以降は調教にも乗れないため、日本に帰ることを決めました」と話している。

 1月にJRA騎手免許更新のため一時帰国した際に、小崎騎手は「毎日が充実しています。期間を決めずに頑張ります」と意気込んでいただけに、今回の帰国は残念で仕方ないだろう。

 30日、オーストラリアからD.レーン騎手が来日したことが報じられたばかり。小崎騎手も同様に2週間外部との接触を避けて、それから栗東で調教に騎乗する。そして、レースでの騎乗は4月18日から予定している。

 デビュー7年目の小崎騎手は、昨年9月からニュージーランドで武者修行を行っている。2017年にもオーストラリアに4か月滞在経験があり、ニュージーランドは海外2か国目。オーストラリアでの武者修行後は、2018年の函館2歳S(G3)をアスターペガサスで制して重賞初制覇。海外での経験が活かされた日本での勝利だろう。

 今回のニュージーランドでの武者修行中は、現地で順調に勝ち星を重ねたのに加えて、オーストラリアでDr.コパこと小林祥晃オーナーの所有馬に騎乗するなど、貴重な経験を積んでいた。

 今回レーン騎手と同じタイミングでの日本競馬騎乗となるが、小崎騎手にとってはレーン騎手以上に負けられない相手はきっと「同期」だろう。

 その同期とは、29日の高松宮記念(G1)でモズスーパーフレアに騎乗し、G1ジョッキーとなった松若風馬騎手だ。2014年にデビューした騎手の中では最多の重賞6勝を挙げており、ついにはG1制覇と勢いに乗っている。

 デビューの年に最多勝利新人騎手賞を受賞した松若騎手は、同期の中でトップをひた走ってきた。今回のG1勝ちによりトップジョッキーへの階段を上りつつあり、ひとつ上のステージへステップアップしている。

 残念ながら急遽の帰国となった小崎騎手だが、奇しくも同じデビュー7年目の松若騎手がG1を勝利したばかりのタイミング。ぜひ切磋琢磨して、今後の競馬界を牽引して欲しいところだ。

JRAライバルはD.レーンよりも「同期」!? NZ武者修行の若手が緊急帰国で、旋風巻き起こすかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!