NEW

パチスロ5号機「あの人気作も引退」……「4月の撤去」リスト

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ5号機「あの人気作も引退」……「4月の撤去」リストの画像1


 2020年3月にはエレコの『緑ドンVIVA2』、山佐の『パチスロモンキーターン2』、KPEの『麻雀格闘俱楽部』、サミーの『パチスロ ロストアイランド』などといった多くの人気機種や名機が引退を余儀なくされた。

 翌4月は、計9機種が撤去対象。そのマシンたちのファンは、ラスト勝負に挑むのも悪くないだろう。

 4月6日には、JINの『メイドル騎士(ナイト)』が認定期間満了。疑似ボーナスと1G純増約2.9枚のAT「海援タイム」で出玉を増やすタイプで、あらゆる場面で「チェリー連」がカギを握る。

 4月13日にはタイヨーの『ハイサイ蝶特急ターボ』、4月20日にはSANKYOの人気作第2弾『パチスロマクロスフロンティア2』が終幕。ハイサイ超特急ターボは1G純増約3枚のAT「蝶特急モード」が出玉増加の主軸を担うハイスペックマシンだ。

1G純増約2.4枚のART「バルキリータイム」を有するマクロスフロンティア2は「クライマックスチャレンジ」や「バジュラッシュ」など、多彩な上乗せ特化ゾーンが魅力のひとつ。

 残る6機種は4月27日がXデーで、山佐の『パチスロ鉄拳3rd』はひとたびATにぶち込めれば高確率でボーナスに当選する仕様。ボーナス中はATゲーム数上乗せ抽選が行われ、この原作ゲームさながらのコンボで右肩上がりの出玉が創造される。

パチスロ5号機「あの人気作も引退」……「4月の撤去」リストのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事