NEW

JRA出会いから「7か月」マーチS(G3)スワーヴアラミスの勝利がM.ミシェルの後押しに!? 季節外れの雪がもたらした偶然!

【この記事のキーワード】

, ,

の画像1

 31日、中山競馬場でマーチS(G3)が行われた。同レースは29日に行われる予定だったが、降雪の影響による延期で平日に開催された。

 異例の平日開催となったダート重賞は、スワーヴアラミス(牡5歳、栗東・須貝尚介厩舎)が、1番人気に応えて初の重賞制覇を飾った。

 レースは1000m通過が61.9秒と平均ペースの流れ。3番手からレースを進めたスワーヴアラミスは、最後の直線でスムーズに抜け出す。後方から外を回して追い込んできたクリンチャーと2頭が直線で競り合う展開に。追い込むクリンチャーが、一度は並んだかに見えたが、スワーヴアラミスが盛り返しクビ差の勝利となった。

 鞍上の藤岡康太騎手は「直線で並ばれてからグッと出てくれたのは、勝負根性とポテンシャルの高さです。力をつけており、能力的には上にいけると思います」と、次はG1を視野に入れている様子だ。

 すでに1月にポルックスS(OP)を勝っていたスワーヴアラミスにとって、今回のマーチSは通過点に過ぎなかったのかもしれない。

「前走のアルデバランS(OP)ではダートの新星ロードレガリスに敗れはしましたが、オープンクラスでは敵なしの状態でした。今後、重賞戦線での活躍が期待される1頭ですね。

 しかし、出脚の鈍さが課題ですね。ここ最近はジョッキーが促して、ようやく動いている感じです。先行が理想の同馬にとって出脚がつかないと、上のクラスでは命取りになる可能性がありますね」(競馬記者)

 たしかに福島民友C(L)ではスタート後に躓いて、後方からの競馬となり3着に敗れている。G1を目指すにあたって出脚の鈍さは課題と言えそうだ。

 また今回スワーヴアラミスが勝利したマーチSは、美人すぎる騎手にとって意外な「偶然」をもたらした。

 昨年のWASJで初来日したM.ミシェル騎手。同シリーズで、スワーヴアラミスに騎乗して、うれしい来日初勝利を収めた。同騎手にとっては忘れがたいパートナーだろう。

 そのミシェル騎手は地方競馬の短期免許を取得して、現在日本で騎乗している。マーチSが行われた31日は、ミシェル騎手の短期免許最終日だった。

 かつてコンビを組んだスワーヴアラミスの勝利が後押しとなってか、船橋競馬5Rでミシェル騎手は勝利。これで地方競馬通算30勝目となり、地方競馬短期免許での歴代勝利数記録を更新する快挙を達成した。

 3月31日は、昨年の夏に札幌でコンビを組んだ「スワーヴアラミス×ミシェル騎手」にとってうれしい1日となった。

 日曜日の降雪は、ミシェル騎手の「記録更新」と思い出の馬スワーヴアラミスの「重賞勝利」が同じ日に重なるという「偶然」を引き寄せたのかもしれない。

JRA出会いから「7か月」マーチS(G3)スワーヴアラミスの勝利がM.ミシェルの後押しに!? 季節外れの雪がもたらした偶然!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!