NEW

JRA武豊「引退」囁かれたザタイキ事件から10年。完全復活へ「『武豊』の真価が問われている」毎日杯(G3)サトノインプレッサは「らしい」勝利

【この記事のキーワード】, , ,

JRA武豊「引退」囁かれたザタイキ事件から10年。完全復活へ「『武豊』の真価が問われている」サトノインプレッサは「武豊らしい」勝利の画像1

 この春の楽しみが、大きく膨らむ勝利だった。

 先週28日に阪神競馬場で行われた毎日杯(G3)は、2番人気のサトノインプレッサ(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝。デビューから無敗の3連勝となり、春のG1戦線に力強く名乗りを上げている。

「素質はかなり秘めている。どこまで強くなるか楽しみ」

 レース後の勝利騎手インタビューで相棒をそう称賛したのが、数多の名馬とコンビを組んできた武豊騎手だ。皐月賞(G1)ではマイラプソディとのコンビが濃厚な中、サトノインプレッサはNHKマイルC(G1)に回ることに。コンビ継続なら、競馬界のレジェンド・ジョッキーが例年以上の充実した春を送ることになるかもしれない。

 そんな武豊騎手には、この毎日杯に忘れられない苦い思い出がある。

 10年前の2010年、競馬は武豊が絶対的中心の時代だった。長期海外遠征を敢行した2001年を除けば、1989年から20年連続の関西リーディングを継続中。あの3月27日も、毎日杯までに35勝を上げるなど、誰もが“武豊政権”は盤石と信じて疑っていなかった。

 しかし、武豊騎手にとって騎手生命を左右するアクシデントは突然やってきた。

JRA武豊「引退」囁かれたザタイキ事件から10年。完全復活へ「『武豊』の真価が問われている」毎日杯(G3)サトノインプレッサは「らしい」勝利のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」
  3. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  4. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  5. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  8. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  9. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  10. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光