NEW

JRA友道康夫厩舎G1「多頭数出し」は11連敗中……大阪杯(G1)ワグネリアン&マカヒキ出陣も、勝ったのは2年前

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA友道康夫厩舎G1「多数頭出し」は11連敗中……大阪杯(G1)ワグネリアン&マカヒキ出陣も、勝ったのは2年前の画像1

 今年17勝を挙げ、全国リーディング首位に立つ栗東の友道康夫厩舎。昨年は36勝でリーディング14位とやや低迷していたが、今年はわずか3か月の間に昨年のほぼ半数に迫る勝ち鞍を挙げている。

 初のリーディングトレーナーに突き進む友道厩舎は、5日(日)の大阪杯(G1)にダービー馬2頭を送り込む。昨年のこのレース3着のワグネリアン(牡5歳)と、同4着のマカヒキ(牡7歳)だ。ともに昨年ジャパンC(G1)以来、約4か月ぶりの実戦がG1の舞台となる。

 2頭とも2月中に帰厩し、坂路を中心に調教を重ねてきた。1日(水)には坂路で追い切られ、ワグネリアンが4F54秒6-12秒9、マカヒキは4F54秒4-13秒1を計測。中間の調整過程から、1週前の時点である程度仕上がっており、最終追い切りの時計はそれほど気にする必要はないだろう。

「2頭の最終追い切りの時計は平凡でしたが、1か月以上にわたってたっぷり乗り込まれてきました。特にワグネリアンは休み明けを苦にしないタイプですし、昨年以上の走りを期待していいと思います。一方のマカヒキは、状態自体はいいですが、すでに7歳。少しでも上位を目指したいですね」(競馬誌ライター)

 大阪杯に2頭出しで臨む友道厩舎。普通ならG1に複数の管理馬を出走させることは難しいはずだが、友道厩舎にとって2頭という数字は少ない方だという。

 昨秋、注目を集めたのが11月のジャパンC(G1)だ。友道厩舎は、レース史上最大の「5頭出し」で臨み、勝利を収めることはできなかったが、3~5着の3頭が掲示板に載った。

 ジャパンC以外でも天皇賞・秋と有馬記念に3頭ずつが出走。秋の中距離G1路線3レースで「のべ11頭」もの管理馬を送り込んだ。しかし、結果は……

【2019年秋の古馬中距離G1、友道厩舎管理馬成績】
 ▼天皇賞・秋(3頭)
 4着 ユーキャンスマイル
 5着 ワグネリアン
 10着 マカヒキ
 ▼ジャパンC(5頭)
 3着 ワグネリアン
 4着 マカヒキ
 5着 ユーキャンスマイル
 7着 エタリオウ
 9着 シュヴァルグラン
 ▼有馬記念(3頭)
 3着 ワールドプレミア
 6着 シュヴァルグラン
 10着 エタリオウ

 そして、2020年最初の中距離G1で再びワグネリアンとマカヒキの2頭を送り込む。ただし上記の通り、G1での多頭数出しは結果が伴っていない。

 友道厩舎がG1多頭数出しで優勝馬を出したのは2年近く前の2018年日本ダービーまでさかのぼる。そのときはワグネリアンとエタリオウを出走させ、ワグネリアンが世代の頂点に立った。

 その後は、G1・11レースに多頭数出しで挑んできたが、優勝馬は出ていない。ワグネリアンのダービー制覇後は11連敗中というわけだ。

 ワグネリアンとマカヒキのダービー馬2頭は、その連敗を止めることはできるだろうか。

JRA友道康夫厩舎G1「多頭数出し」は11連敗中……大阪杯(G1)ワグネリアン&マカヒキ出陣も、勝ったのは2年前のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!