NEW

嵐、“活動休止”を左右するのはアノ「一大イベント」? すべては「ファンのため」五輪延期で揺れる思い

【この記事のキーワード】

, ,

嵐、活動休止を左右するのはあの「ビッグイベント」? すべては「ファンのため」五輪延期で揺れる思いの画像1

 新型コロナウィルスの世界的流行を受け、東京オリンピック・パラリンピックは大会史上初となる延期が決定。ただ、その余波は、同大会でスペシャルナビゲーターを務める国民的アイドルグループ・にも及んでいるという。

 周知の通り、嵐は2020年いっぱいで活動を休止する予定だ。本来であれば、記念すべき東京五輪で大役を務めあげ、そのまま年末まで全力で走り抜ける予定だったはず。しかし、その晴れ舞台の開催が延期となり、それに伴い嵐にも“活動延期説”が浮上している

 そんな緊急事態にファンの間では、「できれば延期してほしい」「予定通り休止すべき」など賛否を呼んでいる状況。また、ジャニーズ事務所やNHKといった組織の内部でも「来年以降の活動」について話し合いが行われているという。

「先日発売の『女性自身』(光文社)が、嵐の活動延期について詳しく報じており、NHKはジャニーズ事務所に対し、大会開催が予定される『2021年の夏まで』とは言わないまでも、告知番組などへの出演のため、『来春3月までナビゲーターを続けてほしい』と要望を出しているそうです。一方、活動休止を強く望む大野智さんは、年内にその収録を終える予定だとか。つまり、大野さんを除く他のメンバーは、来年以降も“個々で”出演する可能性があるということになります」(芸能ライター)

 このように“コロナショック”で大きく揺れる嵐メンバー。特に、活動休止を最も望んだ大野にとっては、来年以降の嵐としてのスケジュールなど眼中にすらないはずだ。そんななか、今週発売の「女性セブン」(小学館)が、嵐の活動休止に関して興味深い記事を報じ、ファンの視線を釘付けにしている。

「詳細は本誌をご覧いただきたいですが、活動休止を左右する注目ポイントとして5月開催予定の新国立競技場でのコンサートを挙げています。これがもし開催できるようであれば、『ファンへ直接お礼ができた』というメンバーたちの面目を果たすことができ、予定通り『年内休止が既定路線』としています。逆に中止となれば、ファンは納得できず、メンバーも悔いが残るのでは、と推察していますね。

要するに、ファンもメンバーも納得して活動休止が迎えられるか、それを左右するのが新国立競技場のコンサート。この開催の有無が、活動期間をいつまでにするかという判断にかかわってくる可能性があるわけです。嵐メンバーはどの場面でもファンを気にかける姿勢は崩さず、常にファンを第一に考えていましたからね。ファンに対する思いやりは、最後まで“本物”のはずです」(芸能記者)

 コロナウィルスの影響で、ライブ中止を余儀なくされる他アーティストの実状を考えると、嵐も同様の対応をせざるを得ない場合があるが、果たして5人の運命やいかに?

嵐、“活動休止”を左右するのはアノ「一大イベント」? すべては「ファンのため」五輪延期で揺れる思いのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!