NEW

JRAダービー卿CT(G3)プリモシーン「以前から乗りたかった」M.デムーロ騎手が惚れ込む逸材!

JRAダービー卿CT(G3)プリモシーン「以前から乗りたかった」M.デムーロ騎手が惚れ込む逸材!の画像1

 4日(土)、中山競馬場では古馬マイルのハンデ戦、ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)が行われる。

 『netkeiba.com』の予想単勝オッズでは、2.2倍の1番人気に評価されているのがプリモシーン(牝5歳、美浦・木村哲也厩舎)である。昨年のヴィクトリアマイル(G1)2着馬で、これまで獲得した重賞タイトルは、2018年のフェアリーS(G3)と関屋記念(G3)、そして前走の東京新聞杯(G3)の3つである。

 その東京新聞杯は単勝オッズ7.8倍で4番人気という、G1好走歴があるプリモシーンとしては、意外な低評価だった。府中牝馬(G2)で15着、マイルCS(G1)で11着と、二桁着順が続き、休養明けの一戦だったことも、低評価の理由だったのかもしれない。

 だが、プリモシーンは初コンビとなるM.デムーロ騎手を背に、そんな低評価を覆しての快勝だった。レース後、デムーロ騎手はこんなコメントを残している。

「能力がある馬とずっと思っていた馬で、以前から乗りたかった。切れる脚があるので、自信を持って乗りました」

 デムーロ騎手はこれまでライバルの背中から、プリモシーンの強さを見続けていたという。だから、初騎乗となった前走の東京新聞杯でも、そのストロングポイントを引き出して、勝利に導いたということなのだろう。

 デムーロ騎手としては、ようやく巡り会えた「恋人」を簡単に手放す訳にはいかない。今回も引き続き、同騎手が手綱を取る。前走と同じ56キロだが、重賞を連勝してG1タイトルに挑む準備を万全なものにしたいところだ。

 今年、デムーロ騎手がプリモシーンを管理する美浦・木村哲也厩舎の馬に騎乗した際の成績は【2・0・1・2】で勝率40.0%、3着馬率60.0%。この組み合わせの信頼度は高い。

 木村哲厩舎も前述した東京新聞杯の他に、ダーリントンホールで共同通信杯(G3)を制しており厩舎自体も好調だ。

 1日(水)の最終追い切りではデムーロ騎手を背に5F69秒3、ラスト1F12秒5を馬なりでマーク。デムーロ騎手は『デイリースポーツ』の取材に「良かった。前回とコンディションは一緒くらい」と語っている。状態面にも全く不安はないようだ。

 このレースは近10年で5歳馬が7勝を挙げている。成長力を期待される4歳馬よりも、レース経験豊富な5歳馬の方が好成績を挙げている。惚れ込んだ鞍上が引き続き騎乗する点に加えて、こうしたデータもプリモシーンにはプラス材料と言えそうだ。

JRAダービー卿CT(G3)プリモシーン「以前から乗りたかった」M.デムーロ騎手が惚れ込む逸材!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」
  3. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  4. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  5. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  8. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  9. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  10. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光