NEW

パチスロ5号機「勝ち組」の「魅力を楽しめる」傑作!卓越した「演繹的ロジック」に脱帽!!

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ5号機「勝ち組」の「魅力を楽しめる」傑作!卓越した「演繹的ロジック」に脱帽!!の画像1

 スロットのゲーム性をパチンコに移植!

 よく使われる惹句であるが、実際には演出上で同じような展開をしてみせる表現面での模倣であることも多い。しかし、パチンコで実現できる仕組みを応用しながらよりリアルなパチスロ的アプローチを実行している機械も存在する。

 今回取り上げる『ぱちんこGI優駿倶楽部』もそんな機種である。

 本機には同タイトルのパチスロ機が存在する。実名競走馬を育成しながらGIレースを制覇していくART機で周期抽選とシナリオ管理型ARTが特徴となるが、パチンコ版では特に「周期抽選」のゲーム性がクローズアップされている。

 では、周期抽選とは何か? 一定の決められたゲーム数を消化することでARTに特化した抽選が行われるシステムである。例えば100ゲームを回すごとにチャンスゾーンに突入し、期待できる抽選を受けることができるとして、この100ゲーム→チャンスゾーンをひとつのサイクル=周期とみなすのである。

 これをパチンコに置き換えると、周期抽選は大当り、ARTはRUSHなどの連チャンモードとなる。ここで重要なのが大当りの役割である。『ぱちんこGI優駿倶楽部』のシステムの正体は突入率100%の150回ST。しかし、電サポ付与の振り分けがなく、そのすべてが潜伏確変となる。

 これにより周期抽選(大当り)後に突入するチャンスゾーンが演出上のフェイクではなく、現実的に大当りしやすい高確率状態を作り出せるのである。大当り後に突入する16回の前兆ゾーン「育成ゾーン」はリアルにアツいのである。ただ、ST150回なので育成ゾーンをスルーして通常モードに戻っても150回転まではチャンス状態が続いている。

 ちなみに、潜確中は通常時からも「育成ゾーン」に突入することがあるので、ただの潜確とは一味違うゲーム性となっている。

 しかし、ひとつ疑問が発生する。確変大当りがすべて潜確ならどうやって玉を増やすのか。確変中の大当り確率は1/89.9or1/86.2となっている(設定付きで設定が1or6の二段階)。ST継続率が約81、2%くらいあるので、ちょこちょこ当る。しかし、電サポがない分、次の大当りまでにかかる回転数分は持ち玉が減ってしまう。

 ここで登場するのが小当りRUSHである。小当りRUSH中は玉が増えるのでそう感じづらいのだが、内部的には潜伏確変なのである。つまり、潜伏確変でも減らさずに、実際には玉を増やしながら、次の大当りまで繋げることができるのである。

 なんという卓越した演繹的ロジックであろうか。仕組みを理解したとき、私は思わず唸ってしまった。天才か、と。

パチスロ5号機「勝ち組」の「魅力を楽しめる」傑作!卓越した「演繹的ロジック」に脱帽!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事