NEW

JRA武豊「めちゃくちゃ不利ですよ、これは」伝説の“トラウマ”今でも!? 「1位入線→最下位降着」29年前、世間を騒がせた苦い思い出

【この記事のキーワード】, , ,

JRA武豊「めちゃくちゃ不利ですよ、これは」伝説のトラウマ今でも!? 「1位入線→最下位降着」29年前、世間を賑わせた苦い思い出の画像1

「めちゃくちゃ不利ですよ、これは……」

 温厚なイメージのある競馬界のレジェンド武豊騎手が、珍しく不満をこぼしたのは自身が番組のホストを務める『武豊TV! II』(フジテレビ系)での一幕だ。

 武豊騎手が騎乗したレースを、本人の解説付きで振り返る人気番組。詳細は番組を見て頂きたいが、テーマに挙がったのは今年2月に行われた白富士S(L)だった。

 東京の芝2000mで行われるこのレースで、武豊騎乗のアイスストーム(牡5歳、栗東・吉村圭司厩舎)は、大外の8枠14番だった。天皇賞・秋(G1)が開催されることで有名な本コースで、外枠が不利なことは、熱心な競馬ファンなら周知の事実だろう。

 その上で、百戦錬磨の武豊騎手があえて白富士Sの問題点を指摘したのは、毎年このレースが東京の「Dコース」で行われるからだ。

 JRAの多くの競馬場はコース内側の仮柵を動かすことによって、芝コースのダメージを分散している。東京競馬場の場合、内からABCDと4つのコースが設けられているのだが、Dコースは最も外側のコースということになる。つまり同じ競馬場の、同じ距離のレースでも、使用コースによってトラックの形状が微妙に変化するということだ。

 ちなみに東京のDコースは、最内のAコースより9mも外側を回るというから驚きだ。その影響もあって、普段18頭がフルゲートの東京だがDコース使用時には16頭となる。

「ただでさえ、東京の2000mは外が不利ですけど、Dコースになるとゲートの位置がかなり前になるので……コーナーでスタートするような感じですから」

JRA武豊「めちゃくちゃ不利ですよ、これは」伝説の“トラウマ”今でも!? 「1位入線→最下位降着」29年前、世間を騒がせた苦い思い出のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  3. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  4. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  5. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光
  6. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  7. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  8. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  9. 【スプリンターズS(G1)展望】大本命メイケイエールに浮上した「不安材料」…53kgナムラクレアとG1ホース2頭にもチャンスあり!?
  10. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は