NEW

JRA「幻のG1馬」クリノガウディー「ジンクス」打ち破れるか!? メジロマックイーン、ブエナビスタも苦い経験……

JRA「幻のG1馬」クリノガウディー「ジンクス」打ち破れるか!? メジロマックイーン、ブエナビスタも苦い経験……の画像1

 2日、高松宮記念(G1)で1位入線から4着に降着したクリノガウディー(牡4歳、栗東・藤沢則雄厩舎)が放牧を挟んでから、サマースプリントシリーズへ向かうことが明らかになった。

 管理する藤沢則調教師は「年明けから3走ともよく走ってくれた。春は休んで、サマースプリントシリーズに行きます」と話した。初戦は6月の函館スプリントS(G3)か、7月のCBC賞(G3)のどちらかを予定している。

 3月29日の高松宮記念では1位入線を果たしたクリノガウディー。だが、最後の直線で内側に斜行してダイアトニック、モズスーパーフレアの走行を妨害したとして4着に降着。G1史上4頭目の1位入線からの降着となった。

 惜しくも初のG1制覇を逃したものの、初のスプリント戦で極めて高い適性は示した。秋のスプリンターズS(G1)でリベンジと行きたいところだ。

 クリノガウディーが次走に予定しているサマースプリントシリーズは、2006年から始まった夏競馬の名物だ。6月の函館スプリントSから9月のセントウルS(G2)までのスプリント重賞6レースが対象。着順に応じて付与されるポイントの合計で争われる。

 昨年はタワーオブロンドンがサマースプリントシリーズを優勝し、勢いそのままにスプリンターズSを制した。他にも同シリーズ王者はスプリンターズSで馬券に絡む活躍をしている。

07年 サンアディユ 2着
09年 カノヤザクラ 3着
11年 エーシンヴァーゴウ 3着
13年 ハクサンムーン 2着
19年 タワーオブロンドン 1着

 スプリンターズSで春の“忘れ物”を取り返したいクリノガウディーにとって、まずここを優勝することが重要になるだろう。だが、そのためには打ち破らなければならない「ジンクス」がある。

 過去にG1レースで1着入線後に降着となった馬はメジロマックイーン、カワカミプリンセス、ブエナビスタの3頭。降着となったレースの次走は3頭とも1番人気に支持された。しかし、みな人気に応えることができず、「敗北」している。

 さらに次の勝利まで時間を要する傾向がある。メジロマックイーンは3走後の阪神大賞典(G2)で復活の勝利だが、ブエナビスタは6走後のジャパンC(G1)で勝利するまで1年を要した。カワカミプリンセスに至っては、その後11走したが1度も勝利することはできなかった。

 スプリント王を目指すクリノガウディーにとって、このジンクスは避けて通れない道のりだ。

 初の1200m戦の高松宮記念で実力の高さを示したクリノガウディー。サマースプリントシリーズで弾みをつけて、G1の舞台で再度ゴール板を最初に通過することができるだろうか。

 まずは次走でジンクスを打ち破れるかに注目だ。

JRA「幻のG1馬」クリノガウディー「ジンクス」打ち破れるか!? メジロマックイーン、ブエナビスタも苦い経験……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!