NEW

JRA桜花賞(G1)「確変」M.デムーロが連荘突入!? クラヴァシュドールの状況は4年前の覇者ジュエラーそっくり……

JRA桜花賞(G1)「確変」M.デムーロが連荘突入!? クラヴァシュドールの状況は4年前の覇者ジュエラーそっくり……の画像1

 12日、阪神競馬場で桜花賞(G1)が行われる。2歳女王のレシステンシアが前哨戦で敗れ、混戦模様の牝馬クラシック1冠目を手にするのはどの馬だろうか。

 チューリップ賞(G2)でレシステンシア(3着)に先着したクラヴァシュドール(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)も有力視される1頭だ。前走は、最内枠から逃げたレシステンシアを見る形で先行策。4番手のインをロスなく追走して直線に向くと抜け出しを図ったが、勝ったマルターズディオサにハナ差届かず2着に敗れた。

 1週前追い切りでは、栗東CWコースで併せ馬を敢行。6F82秒0-1F11秒9をマークした。休み明けをひと叩きされ、動きは明らかに上昇気配を感じるものだった。

 これまで4戦して成績は「1-2-1-0」と勝ち鞍は新馬戦のみ。1勝馬による桜花賞制覇なら2016年のジュエラー以来、4年ぶり史上8頭目となる。過去7年だけを見ると、ジュエラー以外にアユサン(2013年)とレッツゴードンキ(2015年)が1勝馬として桜花賞を制するなど、1勝馬とはいえ、軽視すべきではないだろう。

 4年前に桜花賞を制したジュエラーとクラヴァシュドールには「1勝馬」という以外にも幾つかの共通点がある。

 鞍上がともにM.デムーロ騎手で、前哨戦のチューリップ賞をハナ差2着に敗れている。他にも、重賞で牡馬相手に接戦を演じた戦歴も共通している。ジュエラーはデビュー2戦目のシンザン記念(G3)でロジクライの2着、クラヴァシュドールはデビュー2戦目のサウジアラビアRC(G3)で皐月賞でも有力視されるサリオスの2着に入っている。

 クラヴァシュドールにとって、鞍上デムーロ騎手の存在は追い風となりそうだ。デムーロ騎手は5日、ラッキーライラックを大阪杯(G1)優勝に導き、波に乗っている。中央のG1制覇は昨年5月のオークス以来。「いったん波に乗れば手が付けられないタイプ」といわれて久しいが、今週の桜花賞でも期待できるのだろうか。

「(昨年の)オークスを最後に中央のG1制覇からは遠ざかっていましたが、それはエージェント変更によって馬の質が落ちたから。大阪杯では強い馬に乗って、強い勝ち方を見せてくれました。久々のG1勝利が起爆剤となって、一気に上昇カーブを描いてもおかしくないでしょう。ラッキーライラックとは2度目のコンビでしっかりと力を引き出しました。クラヴァシュドールとも今回が2度目。前走以上の力を引き出せば、勝ち負けになると思いますよ」(競馬記者)

 そのデムーロ騎手は前走後に「いい経験ができたし、この状態でいけるようなら」と手応えを口にしている。先週の大阪杯優勝で“確変モード”に突入したデムーロ騎手。クラヴァシュドールで2週連続G1制覇に挑む。

JRA桜花賞(G1)「確変」M.デムーロが連荘突入!? クラヴァシュドールの状況は4年前の覇者ジュエラーそっくり……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!