NEW

パチンコ「圧倒的」な時短性能……「爆発的な連チャン」パワーを秘めた印象深い「名作」

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「圧倒的」な時短性能……「爆発的な連チャン」パワーを秘めた印象深い「名作」の画像1

 初めに思ったのは、「ずいぶん奇抜なセル図だな」である。

 バットで打たれた瞬間の野球ボールとアメフトボール、そしてバスケットボール。機種名にある『スタジアム』からのイメージだろうが、紺を基調とした背面の妙な暗さとそれぞれのボールの後ろに描かれたギザギザの吹き出しのようなイラストカット。

 そして何より、バスケットボールの中央あたりに搭載された黒い部品が「目」のように見えて、雑誌『ムー』な印象を感じたのである。

 好奇心にかられ打ち出すとこれがなかなか面白い。演出自体はシンプルだが、軽快なBGMにあわせてテンポよく回る小気味よさと、リーチ図柄の手前でコマ送りになるいまやドラム機の定番リーチなど、ドラム好きの血が静かに沸騰する、あの感じが沸き起こるのである。

 ちなみに、この時代のドラムは中ラインの上下段を潰された3ライン有効のタイプも多く、特にSANKYOはこの3ラインを好んで採用していたように思う。

 ただ、この『パチパチスタジアム』が本領を発揮するのは大当りしてから。これまではほんの序章にすぎないのである。

 本機は一般電役で、『フルーツパンチ』や『ポップカルチャー』などの例外はあるものの、基本的には、高い大当り確率と大当り中も抽選を受けられるという特性を利用した「自力」で連チャンを目指すゲーム性となっている。

 しかしながら、この『パチパチスタジアム』には時短機能が搭載されていたのである。しかも今のような回数を規定する類のものでもなければ次回大当りまで継続するタイプでもない。羽根物『ボンバーキャット』のような仕組みなのである。

 大当り後、ドラムの上にあるミニデジタルで時短突入抽選が行われ、ここに「F」が表示されると時短に突入。以後、大当りするたびに発生するデジタル抽選で「―」が出るまで時短が継続するイカれたシステムとなっているのである。

 ミニデジタルの停止図柄はF、□、□、―の4種類。これが見た目通りの確率で出現する。つまり、時短突入率は1/4。停止条件の―も出現率は1/4。一度時短が始まれば75%で時短がループすることになる。

パチンコ「圧倒的」な時短性能……「爆発的な連チャン」パワーを秘めた印象深い「名作」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事