NEW

6号機「沖スロ新機軸」誕生!「1G連×昇龍」で「一撃・約2千枚」獲得!?

【この記事のキーワード】

, , , ,

6号機「沖スロ新機軸」誕生!「1G連×昇龍」で「一撃・約2千枚」獲得!?の画像1


 ネットの新ブランド「カルミナ」。

 2019年8月30日に都内渋谷区のStudio Freedomにて発表及びお披露目会が行われ、同会にはカルミナの佐藤圭一代表取締役が登壇、司会進行はパチスロライターのガル憎が務め、声優の徳井青空も駆け付けた。

 壇上では参考出展として3機種を公開。いずれも液晶非搭載機で、コンセプトは「AAA(TRIPLE A-TYPE)」「The LIVE」とのことだった。

 この3機種のうち、『探偵オペラ ミルキィホームズ 1/2の奇跡』は2020年1月20日に導入開始。

次世代Aタイプと銘打たれたこのマシンは差枚数管理型疑似ボーナス「LIVE BONUS」を搭載し、ボーナス後に突入するアンコールゾーンでキャラが揃えばボーナス連チャンが約束される。

ボーナスを見事5連させると大チャンス到来。獲得枚数200枚+αの「びよんどTHEミルキィウェイ」、もしくはMAX1000枚獲得の「みるきぃあたっく」のいずれかに発展するため、ここが本機最大の見せ場ともいえる。

 このゲーム性は、特定ファンに好評。SNS上では称賛するパチスロライターもいたほどだったが、このほど、早くも同社より新たなマシン『ハイドラ-30』の製品サイトがオープンした。

 本機は、「ハイビスカスが光ればボーナス」という分かりやすさと安心感をもたらす仕様。ボーナスと竜宮ゾーンのループによる連続性を秘めた出玉性能を有し、1G連から突入期待度が高まる「昇龍」は、MAX1999枚の獲得が見込めるようだ。

 この強力な出玉性能と1G連×昇龍の「ドラゴンロード」を搭載することで、6号機沖スロの新機軸といえる圧倒的HYPERスペックを実現している。

 筐体では、大当りの瞬間を鮮やかに祝福する「フルカラーハイビスカス」を採用。盤面全体、リール両サイドもフルカラーLEDが施され、ドラゴンの神秘的な世界観を表現している。

6号機「沖スロ新機軸」誕生!「1G連×昇龍」で「一撃・約2千枚」獲得!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事