NEW

JRA桜花賞(G1)デアリングタクトの「取捨」は“忘れな草賞”次第!? 良血馬ライティアが「鍵」を握る!

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA桜花賞(G1)デアリングタクトの「取捨」は忘れな草賞次第!? 良血馬ライティアが「鍵」を握る!の画像1

 12日(日)の阪神9Rで忘れな草賞(L)が開催される。同日に開催される桜花賞(G1)に出走が叶わなかったが、オークス(G1)での逆転を狙う牝馬が集まった。

 忘れな草賞は出世レースであり、昨年の勝ち馬ラヴズオンリーユーはオークスを制覇、15年の勝ち馬ミッキークイーンはオークス、秋華賞(G1)の2冠を達成した。

 今年の忘れな草賞に出走するライティア(牝3、栗東・石坂正厩舎)が、桜花賞の「オッズ」に影響を与えるかもしれない。

 父・ディープインパクト、母・シンハリーズの超良血馬。全姉は連対率100%のまま引退した16年のオークス馬シンハライトだ。ライティアにはオークス姉妹制覇の期待がかかる。

 昨年9月の新馬戦はスタートで後手を踏み、後方からレースを進めた。4コーナーから進出を開始し、直線では楽な手応えで先頭に立つとそのままゴール。見事に初陣を飾ったライティアは、次走にデイリー杯2歳S(G2)を選ぶ。レースは道中かかり気味で、精彩を欠く5着に終わった。それでも、キャリア2戦目の牝馬が牡馬混合重賞で5着に入ったのだから、上々の結果と言えよう。

 そして3走目に2月のエルフィンS(L)に出走する。レースは中団で折り合いをつける。4コーナーは外を回して、直線で先頭を捉えようと末脚を繰り出す。しかし、さらに外からデアリングタクトが物凄い脚で追い込んでくる。その強襲にライティアは屈し、4馬身差の2着に敗れた。レース後、鞍上の武豊騎手は「勝った馬が強かった」と脱帽した。

 しかし、この敗戦はあまり悲観する必要はなさそうだ。

 エルフィンSでライティアは勝ち馬から離されたが、3着馬に2馬身半差をつけている。その3着馬スマートリアンは、次走のチューリップ賞(G2)で勝ち馬から0.3秒差の5着に好走。またエルフィンSの4着馬エーポスも、フィリーズレビュー(G2)を勝っており、レースレベルの高さが証明されている。

 そのため、忘れな草賞でライティアは最有力と言って過言ではないだろう。このレースを圧勝するようなことがあれば、エルフィンSの勝ち馬デアリングタクトの評価は鰻上り間違いなしだ。そのときは桜花賞でデアリングタクトの全力買い必至だろう。

 12日の阪神11Rの桜花賞を予想するのに、阪神9Rの忘れな草賞を参考にしてみてはいかがだろうか。

JRA桜花賞(G1)デアリングタクトの「取捨」は“忘れな草賞”次第!? 良血馬ライティアが「鍵」を握る!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!