NEW

JRA阪神牝馬S(G2)「和田→デムーロ」シゲルピンクダイヤはプラスなのか? 思い出されるあのレース……

JRA阪神牝馬S(G2)「和田→デムーロ」シゲルピンクダイヤはプラスなのか? 思い出されるあのレース……の画像1

 11日、土曜阪神のメインレースは阪神牝馬S(G2)が行われる。同じく阪神・芝1600m条件で開催される日曜の桜花賞(G1)を占う意味でも注目度の高いレースとなる。そして、このレースには昨年の桜花賞を2着したシゲルピンクダイヤ(牝4、栗東・渡辺薫彦厩舎)が出走を予定している。

 シゲルピンクダイヤは今年初戦となった前走京都牝馬(G3)を7着に敗れた。巻き返しを期す阪神牝馬Sは、これまで手綱を取って来た和田竜二騎手からM.デムーロ騎手に乗り替わる。

 この乗り替わりは、クリノガウディーとのコンビで挑んだ高松宮記念(G1)で和田騎手が、斜行により4月11日(土)から19日(日)まで9日間の騎乗停止処分となったことが大きいだろう。

 そして、和田騎手からデムーロ騎手への乗り替わりで思い出されるのが、17年のローズS(G2)だ。

 この年の和田騎手は春のクラシック路線でモズカッチャンに乗り、オークスでも2着に好走した。だが、非情にも同馬はローズSからデムーロ騎手に乗り替わりとなった。デムーロ騎手が春に騎乗したアドマイヤミヤビが、秋からC.ルメール騎手に交替予定だったため、デムーロ騎手にモズカッチャン陣営がオファー。和田騎手は事実上の降板となった。

 一見、鞍上強化に思われた乗り替わりだったが、デムーロ騎手が騎乗したモズカッチャンは14キロの馬体増もあってか、伸び切れずに7着と凡走してしまった。

 対してモズカッチャンを降ろされた格好となった和田騎手は、8番人気の伏兵ラビットランで後方から鮮やかな差し切り勝ちを決めた。

 レース後、和田騎手は乗り替わりには触れなかったが、胸のすく勝利だったに違いない。

 シゲルピンクダイヤは、和田騎手がデビューからコンビを組んできた馬だ。昨年の桜花賞の2着は8枠16番という不利な外枠から直線では内へ潜り込む絶妙なコース取りをした和田騎手の好判断が功を奏してのものだった。

 騎乗停止になったとはいえ、和田騎手が乗れないことは同馬にとって懸念材料だ。

「先週の大阪杯(G1)でもインでうまく脚を溜めたラッキーライラックが優勝したように、現在の阪神競馬場の芝コースは、まだまだ内が止まりにくい馬場状態でしょう。

 シゲルピンクダイヤが好走するには、いかに外を回さないようにするかも明暗を分けるポイントかもしれません。やはり、昨年の桜花賞のような乗り方が望ましいですね」(競馬記者)

 和田騎手からの乗り替わりは残念ではあるが、デムーロ騎手もラッキーライラックを好騎乗で大阪杯優勝に導いた敏腕であることも確かなだけに、どのような乗り方を見せてくれるだろうか。

 18年のオークス(G1)をラヴズオンリーユーで優勝して以来のG1勝ちを決めた辣腕に掛かる期待は大きい。

JRA阪神牝馬S(G2)「和田→デムーロ」シゲルピンクダイヤはプラスなのか? 思い出されるあのレース……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!