NEW

JRA桜花賞(G1)成長力ならフィリーズレビュー(G2)勝ちのエーポスに期待!!

【この記事のキーワード】, ,

JRA桜花賞(G1)で、成長力ならフィリーズレビュー(G2)勝ちのエーポスに期待!!の画像1

 12日(日)に阪神競馬場で行われる桜花賞(G1)のトライアルレースと言えば、チューリップ賞(G2)、フィリーズレビュー(G2)、アネモネS(L)の3つである。

 近10年の桜花賞では、この3つのトライアルレースのうち、本番と同じ阪神・芝1600m戦で争われるチューリップ賞を前走として使われた馬が6勝を挙げており、その傾向から他のステップレースとの比較で考えると、チューリップ賞は王道と呼ぶべきステップレースとなっている。

 一方で、チューリップ賞の翌週に行われるフィリーズレビューを使われ、桜花賞で勝利したのは、近10年では2017年のレーヌミノル1頭しかいない。こうした近年の前走・フィリーズレビュー組の不振も影響しているのか、今年の勝ち馬エーポス(牝3歳、栗東・北出成人厩舎)の評価は『netkeiba.com』の予想単勝オッズでは118.8倍と、かなり低いものとなっている。

 前走、フィリーズレビューのレース前、エーポスを管理する北出成人厩舎の村田光雄調教助手は「デイリースポーツ」発行の「馬三郎」による取材に対し、「完成するのはまだ先で、能力だけで走っている感じだ」と語っていた。

 ところがそのフィリーズレビューでは、最後の直線で僅かなスペースを突いて鋭く伸び、そのまま差し切りを決めてしまったのである。レース後、同馬に騎乗した岩田康誠騎手は「狭いところでも行ってくれたし、すごい根性を見せてくれた」と評価している。

 レース前、厩舎スタッフが「完成するのはまだ先」と言っていた馬に乗った騎手が、レース後に「すごい根性だ」と称えている。これがこの時期の3歳牝馬の成長力ではないだろうか。

 エーポスが中山競馬場で行われた新馬戦でデビューしたのは、阪神JFの翌週だった。その阪神JFに出走した馬たちと比べると、デビューの時期が遅い不利があるが、その分だけ成長力では上回る。フィリーズレビューで見せた決め手は、その成長力の証と言えるに違いない。

 今回も岩田康騎手が手綱を取る。2012年にはジェンティルドンナで、2015年にはレッツゴードンキでそれぞれ桜花賞を制している鞍上が、決め手と勝負根性を知っている馬で3度目の桜花賞制覇を目指す。

JRA桜花賞(G1)成長力ならフィリーズレビュー(G2)勝ちのエーポスに期待!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  5. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  6. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  7. JRA「またも」落馬事故で横山武史が病院搬送……藤田菜七子、戸崎圭太、三浦皇成ら関東スター騎手の相次ぐ“悲劇”にファンも心配
  8. JRA「まるで別人」C.ルメールまさかの重賞13連敗……大本命オーソクレース6着惨敗で、2022年重賞「馬券圏内ゼロ」行進
  9. JRA【東海S(G2)予想】福永祐一不在のオーヴェルニュは迷わず切り! 「単勝万馬券」級の穴馬の激走で高配当を狙う!
  10. JRA イクイノックスVSジオグリフは実現せず!? 豪華絢爛の木村哲也厩舎が抱える深刻な“C.ルメール依存症”…解決策はいつものアレ?