NEW

甘デジ「地味に高性能」!「やれ要素」満載の「激アツ機」を分析してみた

【この記事のキーワード】, ,

甘デジ「地味に高性能」!「やれ要素」満載の「激アツ機」を分析してみたの画像1

 甘デジを町男目線による「やれるのか、やれないのか」メインで審査するこの企画。今回の審査機種はサンスリーの『CRA GO!GO!マリンミラクル★バケーション』だ。

 だいぶ古い機種となるが1個賞球とV-STによる強力な連チャンと甘デジながら右打ち中の10%が16R約1200個となる出玉感で、私がひいきにしていた一台である。

 50%のSTに突入すれば連チャン率が約70%。しかも10%の16R以外は6R約450個と細かいラウンドの振り分けがないので、安定的に出玉を積み上げることができる。

 一方で、初当りで確変を逃しても最低40回転の時短でリカバリーが可能。40回転なら33.2%、60回転なら45.4%、80回転なら55.3%と引き戻し期待度は高い。

 もちろん、電サポでの大当りはST突入確定となるので、やれるみが深いのである。

 さらに、本機のSTは演出面においても個性を発揮し、他のマシンとは違うゲーム性を提供してくれる。それが「リーチ数管理型ST」である。リーチ数管理型とはどういうことか。本機のST中には3種類のリーチしか出現しないようになっているのだが、ST80回転中にこの3つのリーチがすべて発生すれば大当りが約束される仕組みとなっているのである。

 ST中に用意されたリーチ演出は「ウリンバズーカ」「ワリンダッシュ」「サムリーチ」の3つ。ウリンとワリンの期待度は同じだが、サムは選択された時点で大当りとなる。

 基本的に最後まで残るサムリーチだが、もちろん途中で出現することがあるので、リーチがかかるたびに大当りへの期待感が急上昇するというわけだ。

 ほかにも、ゾロ目の回転数からリーチに発展すると大チャンスとなったり、ST特有の激アツ先読みゾーンが用意されるなど新感覚のST演出を楽しめるようになっている。

 このように、スペックに演出にスキのない白眉な内容となっているが、さらにもうひとつ、特徴的な機能が備わっている。

甘デジ「地味に高性能」!「やれ要素」満載の「激アツ機」を分析してみたのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合