NEW

JRA武豊×レシステンシア「自己ベスト」! コンビ再結成でクラシック初戦・桜花賞獲りへ「死角なし」!!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊×レシステンシア「自己ベスト」! コンビ再結成でクラシック初戦・桜花賞獲りへ「死角なし」!!の画像1
 12日(日)に行われる桜花賞(G1)に、昨年の2歳女王レシステンシア(牝3歳、栗東・松下武士厩舎)がスタンバイ。前走からの巻き返しに燃えている。

 2日の1週前追い切りでは、武豊騎手を背に栗東坂路で4F56秒0、ラスト13秒0を記録。終始馬なりでタイムこそ出なかったものの、軽快なフットワークを見せた。新馬戦でコンビを組んでいた武豊騎手は当時と比較し、「そんなに月日がたっているわけでもないのに随分と力強くなっている。さすがG1馬」とその成長に目をみはる。

 そしてさらに「軽く伸ばしただけであれだけの時計が出ましたからね」と、武豊騎手を驚かせたのが最終追い切りだ。坂路で追われたレシステンシアは4ハロン49秒5、ラスト12秒1の猛時計を記録。この日の一番時計を叩き出し、自己ベストを一気に2秒2も更新してみせた。

 だが決してしゃにむに追ったというわけではなく、松下師も「無理をして出していない。いい動きでした」とニンマリ。武豊騎手も「ますますレースが楽しみになりました」と満足気に語っていた。

「調教のタイムが掲示された瞬間、どよめきましたよ。動きを見る限り、『死角なし』と言った感じです。チューリップ賞(G2)は3着に終わっていますが、あれはあくまでもクラシック制覇を目指すレシステンシアにとって通過点に過ぎませんからね。

 また今回は北村友一騎手から逃げの天才・武豊騎手に乗り替わり。正確無比な体内時計を武器に、抜群の『ペース判断力』を持つ武豊騎手ならば、レシステンシアの能力をフルに発揮してくれるのではないでしょうか」(競馬記者)

 レシステンシアが桜花賞で、引いた枠は8枠17番。過去10年では4枠5枠が最多タイとなる3勝をあげているが、8枠は1勝のみ。少々心許ないのは確かだ。だがこの大外枠からでも、武豊×レシステンシアならば、優勝を掴むことができるはずだ。

 レシステンシアには牝馬三冠の初戦を制し、「世代最強牝馬」の称号を取り戻すことが期待される。

JRA武豊×レシステンシア「自己ベスト」! コンビ再結成でクラシック初戦・桜花賞獲りへ「死角なし」!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!