NEW

JRA「検量室は静か」「素っ気ない」開催継続の裏側で「バレット」はいつもより大変!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA「検量室は静か」「素っ気ない」開催継続の裏側で「バレット」はいつもより大変!?の画像1

 9日、JRAは非常事態宣言の発出を受け、10日から東京のJRA本部ビルを閉鎖することを発表した。原則、職員は在宅勤務となり、競馬開催には自宅から移動することになる。

 8日には、今後の競馬開催継続とともに、「人馬の移動制限」等の新たな感染拡大防止策を発表したJRA。新型コロナウイルスの感染拡大防止策をますます強化している。

 しかし、9日にはJRA職員から4人目となる感染者が出てしまい、今後の開催についても「不安」がつきまとうのが現実だ。

 現在、競馬関係者において感染予防の意識が高まっており、これは騎手や厩舎関係者に限った話ではない。

 騎手の身の回りの世話をするバレットも同様である。仕事内容はレースの斤量に合わせた鞍の準備、後検量の手伝いといったもの。騎手がレースに集中できるよう、身の回りの世話をするため、「気遣い」が重要な仕事だ。

 バレットはJRAに雇用されているのではなく、騎手個人が雇用するという形態と取っている。そのため、平日は別の仕事をしている一般人が多い。またひとりで、複数の騎手の担当を掛け持ちしている場合もある。

 そんなバレットは騎手に接触機会が多いため、注意喚起が行われているようだ。

「バレットは競馬場で騎手と話さないわけにはいかないですし、移動を共にする事も圧倒的に多いです。さらに平日は通勤に電車を使って仕事をしている人が多いため、どこで感染していてもおかしくない状況です。先週、関東では北村宏司騎手がバレットを集めて競馬場での検温やマスクの徹底を呼びかけていました」(競馬記者)

 JRAから目の届きづらい存在なだけに、クラスターの発生源となる可能性に注意が払われているのだろう。

「今の状況にバレットも息苦しさがあるようです。『JRA職員から感染者が出た事で、騎手たちも疑心暗鬼になり、検量室での会話も少なく静か。マスコミへのレース後のコメントも素っ気ないものになっている』とあるバレットが現状を話していました」(別の記者)

 華やかな表舞台に立つジョッキーを陰でサポートしているバレット。競馬開催の裏側では、今まで以上に“気遣い”が必要な状況になっているのかもしれない。

 競馬は在宅で楽しめるスポーツとして、自粛ムードの現在では数少ない娯楽である。これを継続するためには、バレットの陰での努力と気遣いが必要不可欠なのだろう。

JRA「検量室は静か」「素っ気ない」開催継続の裏側で「バレット」はいつもより大変!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか