NEW

JRA桜花賞男は武豊。通算5勝「平成最初」の桜花賞から「令和最初」の制覇へ

【この記事のキーワード】, , ,

JRA桜花賞男は武豊。通算5勝「平成最初」の桜花賞から「令和最初」の制覇への画像1

 桜花賞といえば武豊。そう感じる競馬ファンも少なくないだろう。現役最多となる桜花賞5勝、しかもそのすべてで圧倒的なインパクトを残している。そもそも武豊騎手と桜花賞は特別な結びつきを感じる。桜花賞初騎乗は当時19歳の1998年で、シヨノロマンに騎乗し4番人気で2着。翌年、平成最初の桜花賞で初勝利を達成している。過去5勝の相棒は以下の通りだ。

1989年シャダイカグラ
1993年ベガ
1994年オグリローマン
1998年ファレノプシス
2004年ダンスインザムード

 ちなみに人気馬で負けたレースも印象的。特に代表的な馬を挙げると

1995年ダンスパートナー(3番人気2着)
1999年フサイチエアデール(2番人気2着)
2003年アドマイヤグルーヴ(1番人気3着)
2006年アドマイヤキッス(1番人気2着)
2007年アストンマーチャン(2番人気7着)
2013年クロフネサプライズ(1番人気4着)
2017年リスグラシュー(3番人気2着)

 など、後にG1レースを勝つ名馬も。2着5回もさすがで、桜花賞は通算【5.5.1.16】、勝率18.5%・連対率37%・複勝率40.7%の相性を誇っている。

 今年のパートナーは昨年の2歳女王レシステンシア。果たして6度目の勝利となるか、過去の桜花賞勝利内容から今年の可能性を展望してみた。

 桜花賞初勝利はデビュー3年目の1989年、平成初の桜花賞だ。1番人気シャダイカグラに騎乗したが、大外18番枠に不安の声も多かった。というのも、改修前の阪神競馬場マイル戦は、スタートしてすぐ右にカーブしていて外枠は不利だったからである。

 レースはスタートで出遅れ最後方、最初のコーナーは16番手で、その後第3コーナーでは10番手まで上がり、4コーナーでは6番手。そこからゴール前にキッチリ差し切り勝利。大外枠の不利、1番人気の重圧を跳ね返しての手綱さばきに誰もが衝撃を受けた。

 2度目の勝利は1993年のベガ。同馬とはデビュー2戦目の初勝利からコンビを組み、チューリップ賞、桜花賞、オークスと4連勝を達成している。桜花賞は好スタートから先行し、4コーナーでは早くも先頭。最後まで並ばれることなく、危なげない競馬で完勝。武豊はこの年デビュー以来最多の137勝を記録している。

 3度目の勝利はベガの翌年、1994年のオグリローマン。兄がオグリキャップという同馬は、地方笠松競馬からJRA(日本中央競馬会)へ移籍し、兄が成しえなかったクラシックを勝利した。移籍初戦のエルフィンステークスは1番人気で9着、2戦目のチューリップ賞は2着に好走。そして桜花賞は兄のラストランに騎乗した武豊に替わり、重賞未勝利ながら3番人気に評価された。

 1番枠に入ったオグリローマンは最内で脚を溜め、直線外に持ち出すと一気に加速、ゴール前で計ったようにツィンクルブライドを差し切り勝利。オグリキャップのマイルチャンピオンシップを彷彿させる、上がり最速の豪脚だった。そして武豊は2年連続の桜花賞勝利で、デビューから8年で桜花賞3勝という偉業を成し遂げたのである。

JRA桜花賞男は武豊。通算5勝「平成最初」の桜花賞から「令和最初」の制覇へのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」
  3. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  4. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  5. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  8. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  9. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  10. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光