NEW

松坂桃李、Twitterでの「ガチオタ」ぶりが話題……「ファイナルファンタジー」「ガンダム」愛がすごい

松坂桃李、Twitterでの「ガチオタ」ぶりが話題…「ファイナルファンタジー」「ガンダム」愛がすごいの画像1

 俳優・松坂桃李のTwitterが密かな注目を集めている。芸能人のSNSの使い方は、仕事の宣伝はもちろん、身辺雑記的なものから、ファンとの交流の場として用いる人などさまざま。松坂の場合は、自身の「ガチオタ」ぶりを発揮する場となっているようだ。

 4月8日には「今はFFⅨにまたハマっています。やはりⅨが個人的には一番好きです。どれくらい好きかというと、UCのジンネマンくらい好きです」と書き込まれた。このツイートに対し4月10日時点で約2万件を超えるリツイート、約7万件のお気に入りを記録している。かなり話題になっていると言えるが、すべてのユーザーが内容を正確に理解しているかは疑問だ。ゲームやアニメといったサブカルチャーに詳しくない人にとっては暗号文同然である。

「FFⅨ」とは、RPG(ロールプレイングゲーム)「ファイナルファンタジー」(スクウェア・エニックス)シリーズの9作目を指す。これまでに15作が発表されている人気シリーズだ。9作目のリリースは2000年で、現在31歳の松坂にとっては、もしリアルタイムでプレイしていれば、小学校時代の思い出のゲーム作品ということになる。

 続いて記された「UC」とは、2007年に小説として発表され、のちにアニメ化などメディアミックス展開された『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』のことだ。「ジンネマン」は作中に登場する無頼漢の貨物船船長、スベロア・ジンネマンを指す。松坂はワイルドなキャラクターがお好みのようだ。

 以前、松坂が『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際(2015年11月)、オフの過ごし方を訊かれ、「僕は時間が空いたら、マンガとかゲームとかプラモとかですよ…」と答えている。これ以外にも、ゲーム『メタルギアソリッド』(コナミ)が好きなことや、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(ガイナックス ※当時)のプラモを作っていることを語るなど、ガチすぎるオタク嗜好が明らかになった。芸能人の中には“キャラ付け”優先のライトなオタクも多いが、今回のTwitterでもブレなかったように、松坂のオタクぶりはガチなようだ。

松坂桃李、Twitterでの「ガチオタ」ぶりが話題……「ファイナルファンタジー」「ガンダム」愛がすごいのページです。GJは、その他、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • その他
  • 総合