NEW

JRAダノンプレミアム「力負け」3着……クイーンエリザベスS(G1)は世界的名馬アデイブが快勝

JRAダノンプレミアム「力負け」3着……クイーンエリザベスS(G1)は世界的名馬アデイブが快勝の画像1

 11日、オーストラリアのランドウィック競馬場でクイーンエリザベスS(G1)が行われ、2番人気に支持された英国のアデイブ(セン6歳、英・W.ハガス厩舎)が優勝。日本から挑んだダノンプレミアム(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎)は1番人気だったものの3着だった。

 力の差を見せつけられた。12頭立てで行われた芝2000mのレース。好スタートを決めたダノンプレミアムは逃げ馬を行かせる形で好位をキープ。最後の直線入り口で先頭集団に並び掛けた際は、勝ちパターンにも思われた。

 手応えは決して悪くなく、先頭に立ったアデイブとの一騎打ちになると思われた。しかし、そこから伸びない。逆にアデイブに突き放され、後ろから来たベリーエレガントに差されたところがゴールだった。

「今回はJ.マクドナルド騎手との初コンビだったんですが、スタートを含め、レース運びは決して悪くなかったと思います。最後の直線も馬場の良い外に持ち出され、そこから弾けると思ったんですが……。逆にアデイブに突き放されてしまいましたね。残念ですが、今日は重い馬場が堪えたのかもしれません」(競馬記者)

 勝ったアデイブは、このレースを迎えるまで5戦連続で連対中と充実一途だった。特に、昨秋の英チャンピオンS(G1)では、世界的名牝マジカルに3/4馬身差の2着。重い馬場を味方につけた世界屈指のトップホースに力の差を見せつけられた。

 また、最後にダノンプレミアムを交わして2着に浮上したベリーエレガントも、前哨戦のランヴェットS(G1)でアデイブと激しい叩き合いを演じた馬。最後は2着に敗れたが、後続を5馬身以上突き放すなど、出走馬の中でも屈指の実力の持ち主だった。

 残念ながら3着に敗れたダノンプレミアムだが、トップクラスの力は見せられた。昨年の天皇賞・秋、マイルCS、そして今回のクイーンエリザベスSと、惜しい結果が続いているだけに早くG1・2勝目を上げたいところだ。

JRAダノンプレミアム「力負け」3着……クイーンエリザベスS(G1)は世界的名馬アデイブが快勝のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  6. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?