NEW

JRAダノンプレミアム「力負け」3着……クイーンエリザベスS(G1)は世界的名馬アデイブが快勝

JRAダノンプレミアム「力負け」3着……クイーンエリザベスS(G1)は世界的名馬アデイブが快勝の画像1

 11日、オーストラリアのランドウィック競馬場でクイーンエリザベスS(G1)が行われ、2番人気に支持された英国のアデイブ(セン6歳、英・W.ハガス厩舎)が優勝。日本から挑んだダノンプレミアム(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎)は1番人気だったものの3着だった。

 力の差を見せつけられた。12頭立てで行われた芝2000mのレース。好スタートを決めたダノンプレミアムは逃げ馬を行かせる形で好位をキープ。最後の直線入り口で先頭集団に並び掛けた際は、勝ちパターンにも思われた。

 手応えは決して悪くなく、先頭に立ったアデイブとの一騎打ちになると思われた。しかし、そこから伸びない。逆にアデイブに突き放され、後ろから来たベリーエレガントに差されたところがゴールだった。

「今回はJ.マクドナルド騎手との初コンビだったんですが、スタートを含め、レース運びは決して悪くなかったと思います。最後の直線も馬場の良い外に持ち出され、そこから弾けると思ったんですが……。逆にアデイブに突き放されてしまいましたね。残念ですが、今日は重い馬場が堪えたのかもしれません」(競馬記者)

 勝ったアデイブは、このレースを迎えるまで5戦連続で連対中と充実一途だった。特に、昨秋の英チャンピオンS(G1)では、世界的名牝マジカルに3/4馬身差の2着。重い馬場を味方につけた世界屈指のトップホースに力の差を見せつけられた。

 また、最後にダノンプレミアムを交わして2着に浮上したベリーエレガントも、前哨戦のランヴェットS(G1)でアデイブと激しい叩き合いを演じた馬。最後は2着に敗れたが、後続を5馬身以上突き放すなど、出走馬の中でも屈指の実力の持ち主だった。

 残念ながら3着に敗れたダノンプレミアムだが、トップクラスの力は見せられた。昨年の天皇賞・秋、マイルCS、そして今回のクイーンエリザベスSと、惜しい結果が続いているだけに早くG1・2勝目を上げたいところだ。

JRAダノンプレミアム「力負け」3着……クイーンエリザベスS(G1)は世界的名馬アデイブが快勝のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!