NEW

JRA桜花賞(G1)「強い!」デアリングタクトが新女王! 松山弘平「『この馬なら届く』と信じてた」武豊レシステンシアは2着

【この記事のキーワード】, , ,

JRA桜花賞(G1)「強い!」デアリングタクトが新女王! 松山弘平「『この馬なら届く』と信じてた」武豊レシステンシアは2着の画像1

 12日、阪神競馬場で行われた桜花賞(G1)は、2番人気のデアリングタクト(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が優勝。鞍上の松山弘平騎手は、前日の阪神牝馬(G2)に続く2日連続の重賞制覇。昨秋産駒がデビューしたエピファネイアは、これが嬉しい重賞初制覇となった。

「本当に強い競馬をしてくれて、馬に感謝しています」

 強い――。その一言に尽きる新女王の誕生だった。18頭が集った芝1600mの一戦。スタートを決めたスマイルカナが果敢にハナを切り、2歳女王レシステンシアが2番手に。重馬場のタフな流れの中、最後の直線でレシステンシアが1度は先頭に立ったが、デアリングタクトが外から強襲。あっさりと交わし切り、3歳牝馬の勢力図を一新させた。

「強いレースでしたね。馬場状態を考慮すれば決して楽な流れではありませんでしたが、馬場状態もあって比較的前残りの結果。そんな中を後方から外を回って差してきただけに、デアリングタクトの強さが際立つ結果でした。今日はこんなコンディション(重馬場)でしたが、良馬場になればもっと良さそうな馬です」(競馬記者)

 まさに圧巻の末脚だった。レース後の勝利騎手インタビューで松山騎手が「ポジションはあまり意識せず、馬のリズムを大事に。そうすると、いい脚を使ってくれると信じていました」と振り返った通り、道中は後方13番手から。

 最後の直線を向いても「前とかなり離れていた」と話す通り、レシステンシアとの差は5馬身以上離れていたが、デビュー戦からコンビを組む松山騎手は「『この馬なら届く』と信じて外に出して、無我夢中で追いました」と、相棒の力を信じ切っていたようだ。

 レース後はガッツポーズで喜びを爆発させ「1冠目」を示す1本指を天に突き上げた松山騎手。次は2400mのオークスとなるが「折り合いさえつけば、距離も大丈夫だと思います」と、その視界は明るい。

「1日でも早く、皆様の前でレースができるように心から祈っています。ありがとうございました!」

 雨雲を吹き飛ばすような光り輝く新女王が誕生した。

JRA桜花賞(G1)「強い!」デアリングタクトが新女王! 松山弘平「『この馬なら届く』と信じてた」武豊レシステンシアは2着のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」
  3. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  4. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  5. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  8. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  9. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  10. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光