NEW

星野源、安倍総理の”乗っかり”に「激怒」!? 小泉純一郎元総理に嫌味炸裂の過去も……

【この記事のキーワード】

, ,

星野源、安倍総理乗っかりに「激怒」!? 小泉純一郎元総理に嫌味炸裂の過去も… の画像1

 世間をおおいに騒がせた、安倍晋三首相がシンガー・ソングライターの星野源が世間に“フリー素材”として提供していた動画『うちで踊ろう』とコラボした動画を自らのTwitterに投稿した件。

 安倍首相は4月12日、自らのSNSにて「友達と会えない。飲み会もできない。ただ、皆さんのこうした行動によって、多くの命が確実に救われています」という文章とともに、星野の動画に合わせ、自らが自宅でテレビを見たり読書をしたり、飲み物を飲んだり、犬を抱くなどの動画を投稿。

 その後、Twitterにて「かつての日常が失われた中でも、私たちは、SNSや電話を通じて、人と人とのつながりを感じることができます。いつかまた、きっと、みんなが集まって笑顔で語り合える時がやってくる。その明日を生み出すために、今日はうちで……」という文章を綴った。

 この安倍首相の動画投稿に対し、「そんな呑気なことやっている場合か」「星野さんを利用しないで」といった批判が続出。現在、騒動となっている。

 そんな中、当の星野は4月12日夜、自らのインスタグラムのストーリーズにて「ひとつだけ。安倍晋三さんが上げられた“うちで踊ろう”の動画ですが、これまで様々な動画をアップして下さっている皆さんと同じ様に、僕自身にも所属事務所にも事前連絡や確認は、事後も含めて一切ありません」とメッセージ。

 この文章をめぐり、ネットでは星野の心情を推し量る様々な意見が。「政治的な事、もしくは政治家には使用して欲しくなかったのかな」「これは怒ってる……」「一見クールに見えるけど、ここまでしか言えないんだと思うよ。星野源の気持ちはわからないけど、芸能人なんてその人だけの問題じゃないから事務所の人たちにも迷惑かけられないし、関わるスタッフ全員の人生背負ってんだから」といった意見が寄せられていた。

「星野さんは過去に著書『働く男』(文藝春秋)にて『国を変えるのはいつでも政治だし、政治を変えるのはいつでも金の力だ。そこに音楽は介入できない。できたとしても、X JAPANの楽曲を使って型破りというイメージを定着させた小泉純一郎のように、ただ利用されるだけ』と書くなど、音楽の政治利用に敏感な人。

 それに加え、今回のエンターテイメント業界のコロナによる大打撃に補償の姿勢を見せない政府に、俳優兼アーティストとして色々と思うところがあるでしょう。それを踏まえて星野さんの文章を理解しないといけないのでは」(芸能事務所スタッフ)

 そうなると、星野のインスタグラムでの文章は、やはり「政治利用されたくない」というメッセージに思えてくるが……。

星野源、安倍総理の”乗っかり”に「激怒」!? 小泉純一郎元総理に嫌味炸裂の過去も……のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!