NEW

JRA 桜花賞馬デアリングタクト「日本ダービー(G1)」挑戦か!? ウオッカ以来「史上4頭目」牝馬のダービー馬へ

【この記事のキーワード】

, ,

JRA 桜花賞馬デアリングタクト「日本ダービー(G1)」挑戦か!? ウオッカ以来「史上4頭目」牝馬のダービー馬への画像1

 令和初の桜花賞(G1)は、松山弘平騎手の2番人気デアリングタクト(牝3、栗東・杉山晴紀厩舎)が勝利。重馬場を苦にすることなく、最後の直線を鬼脚で突き抜けた。

 レース後、管理する杉山晴調教師は、「激戦の疲れを感じますし、馬の回復具合にもよりますが、オークスを中心に」と牝馬2冠に意欲を見せている。

 令和初の牝馬クラシックの主役に躍り出たデアリングタクト。今後は師の言葉通りオークスに向かうのが既定路線と見られているが、同馬を所有するノルマンディーサラブレッドレーシングが少々不思議な動きを見せていると話題だ。

「ノルマンディーの公式ホームページでは、デアリングタクトの次走予定に『オークス』だけではなく、『日本ダービー(G1)』まで書かれているんです。たしかにデアリングタクトは、桜花賞でこれからの活躍を予見させるようなスケールの大きな走りを見せてくれました。またエルフィンS(L)では、牝馬ながら日本ダービーを制したウオッカのレコードを更新していますし、陣営が夢を見たくなるのも当然でしょう。

 ただウオッカは谷水雄三オーナーの意向もあり、5大クラシックすべてに登録されていました。ですが、デアリングタクトはその予定はなかったようで、春の3歳G1には桜花賞とオークスにしか登録されていません。

 もし日本ダービーに出走するのならば、追加登録する必要があり、その費用として200万円がかかります。これから追加登録するか否かで、“陣営の本気度”が測れるのではないでしょうか」(競馬誌ライター)

 クラシックを追加登録で制覇したといえば、1999年の皐月賞を制したテイエムオペラオーが有名だ。その後も、2002年桜花賞のアローキャリー、同年菊花賞のヒシミラクル、2013年オークスのメイショウマンボ、2014年菊花賞のトーホウジャッカル、2015年菊花賞のキタサンブラックの5頭が優勝を果たしている。

 だが、後にダートG1馬となるサクセスブロッケンが、09年に追加登録料を支払い出走(3人気18着)しているものの、未だダービーでは追加登録馬の優勝はない。

 デアリングタクトは追加登録を行い、史上4頭目となる牝馬のダービー馬を目指すのだろうか? 陣営の最終決断を待ちたい。

JRA 桜花賞馬デアリングタクト「日本ダービー(G1)」挑戦か!? ウオッカ以来「史上4頭目」牝馬のダービー馬へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!